リュックサックビジネスマン

リュックがダメなのは個人の感覚と単なる力関係

面接にリュックで行くと印象が悪くなる。
そういってビジネス鞄でいきます。

最初に言っておくと私は数年前まではスーツにリュックってありえない、ビジネスマンたる者、革の手提げ鞄が常識だ。
そう思っていました。

しかし、パソコンや水筒など入れるにはリュックが最適。
肩に掛けれるし便利です。

いつしかリュックで行動するようになりました。

もう、リュックの何がいかんのかわかりません。

ビジネス鞄じゃないといけない。
もう頭が凝り固まっていると感じます。

デザイン、色によってはビジネス鞄でもNGがあれば、リュックでもOKなものもあります。
普通に事務などで働くのに鞄って問題なんでしょうか。
服装もスーツに意味があるのかと疑問に感じてきます。
だって、仕事に関係ないから。

そりゃ、高級ホテルとかで働くとかならカジュアル、制服、いるでしょう。
でも、事務とかプログラマーとかいる?

いやいや面接時に社会人としてキチンとしているか見るためだ。
とか言われます。

けど、そもそもキチンとしてるって何でしょう。
まあ、不潔は嫌ですが、スーツや革靴、ビジネス鞄がキチンとしているってことでしょうか?
ちなみに詐欺師は服装はいわゆる「キチン」としています。

でも、それって時代によって変わってきます。
戦国時代にスーツってキチンとしているのか?
近年でも明治のころはハットに外套を身に付けているのが常識でした。
ちょっと前までネクタイも通年必要じゃなかったでしょうか。

リュックがいいか、悪いか。
そんなものは個人の感覚なだけです。

時代や国が変われば違ってきます。

固定観念で「ビジネス鞄」しかダメではこれから激変する世の中に対応できません。
もちろん「ビジネス鞄」が好きならそれもOKです。
でも、リュックでもいい。
新しい感覚を持っているってことです。

ただし、面接は相手がいます。
相手がビジネス鞄派ならば、そこに受かりたければ合わせてビジネス鞄にするというのも柔軟性です。
逆にリュックじゃなければいけない。
というのも凝り固まっていると言えます。

あえてリュックで挑戦してみるのもいいかもしれません。
リュックがダメなら合わないと見切れるからです。

これ、要は権力が強い方に合わせるというか従うこと。
だって、ホリエモンみたいな人が社長だったら、スーツにビジネス鞄の方が落とされそうです。
けど、見られるところって、人格や能力です。

多様性を重視するなら、スーツにビジネス鞄、スーツにリュック、ジーパン・Tシャツにビジネス鞄と色々いていいと思うんです。

自然体の自分に合ったところで働きたいのなら、別にリュックでいいと思います。
だって好き嫌いの問題だから。

もっと言えば雇われているから従わさせられるわけです。
自分でビジネスをすれば、服装(持ち物)はキャラクターの特徴なので文句を言われる筋合いはないわけです。

リュックがダメとか言っていることに古さを感じてしまいます。


起業家志望ランキング

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI

デビューカフェ:NARIWAINARI 才能・個性・スキル・資格を生かして対面ビジネスを始めよう! 



個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン