クラウドソーシングをやらない理由、できない理由 10選

クラウドソーシングをやらない理由、できない理由

クラウドソーシング

この記事でのクラウドソーシングとしてはランサーズとクラウドワークスを対象としています。

これまでプロが作っていたことを、不特定多数のクラウド(群衆)が集まって何かを作り上げていくことを指します。
アウトソーシングと似ているけれど、必ずしもプロフェッショナルに依頼するのではないのが特徴です。

コトバンク
クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドソーシングをやらない、できない10の理由

①もともと実行する人が少ない

何事もそうですが、やりたい人は多けれど、やる人は少ないのが世の中の常です。

やりたい人:10000人
やる人  :100人
続ける人 :1人

なんて言われます。

ランサーズやクラウドワークスでも稼働しているのは登録者の一割にも満たないと言われています。

クラウドソーシングで副業やるぞ!と意気込んで登録はするものの、中々仕事を受けるまでいかないということです。

クラウドソーシングは気軽にネットで仕事が出来ると言われますが、実は中々ハードルが高かったりするのです。

②システムがよくわからない

ランサーズやクラウドワークスではちゃんとシステムの説明はしています。
しかし、やったことがないことは想像の外。書いてあってもわからないことも多い。
提案とか仮払いとか、やってみてわかるというものもあります。
わからないのが面倒臭いとなって、やらなくなってしまいます。

③何が出来るのかわからない

仕事一覧を見ても、自分のスキルで出来るのか出来ないのか判断がつかなかったりします。
特に初めての場合は引き気味になっています。
自分のスキルを整理してみましょう。

④自信がない

スキルはあるけれど、仕事として出来るのか不安になります。
正直、自信がなく、そのまま何もせずフェードアウトしてしまいます。
自信は仕事をしていかない限り付きません。
やっていくしかありません。

⑤仕事の種類を間違えている

ランサーズやクラウドワークスの仕事には「タスク」と「プロジェクト」があります。
「タスク」:比較的簡単な仕事で仕事一覧からすぐに仕事ができます。不特定多数の募集なので気軽に出来ますが報酬は安い。
「プロジェクト」:クライアントと内容、報酬、期間などを決めて行う仕事。

初めてで「プロジェクト」を選択するとちょっと大変になる場合があります。
いきなり大変な目に合うと二度とやりたくなくなります。

最初は「タスク」から始めて、ある程度実績を作って、慣れてきたら「プロジェクト」に移行すれば、ある程度の自信もできてスムーズにできます。

⑥報酬が安い

仕事一覧を見ていると信じられないぐらい安い報酬の仕事を見かけることがあります。
初心者なのである程度経験を積ませてもらうということで、安い案件を受けるのはありですが、あまりにも安い(ライターで言えば1文字0.02円とか)ものは、「自分は何をやっているのだろう」心が折れて、苦労の割にこの報酬なのかという絶望感でやらなくなってしまいます。

⑦クライアントと合わない

世の中色々な人がいます。
顔も性格も素性もわからない相手だと、色々齟齬が発生します。
本当に話が全く通じない人とか平気でいます。
最初の話と違うとか、勝手に仕事追加しているとか、もう嫌になります。
こんなコミュニケーションでよく仕事しているなあと思います。
最初にやっかいな人に出会ってしまったら、もう二度とログインしません。

クラウドソーシングびっくりするぐらい意思疎通が図れなかった件
意思不疎通

⑧時間がない

これは何事に言えることです。
時間は作りましょう。
時間を作れることがチャンスにつながります。
この機会にタイムマネジメント能力を鍛えましょう。

⑨自己実現と結びつける

せっかくやるのだから、自分の夢や目標につながることをしよう!
そう思うのは素敵ですが、そういう考えを持っていると中々仕事ができません。

まず、自分に100%フィットする案件なんてそうそうありません。

ある意味、自分の考えやスタイルを捨てて、「お金儲け」に徹するマインドが必要です。

例えば「金閣寺に行ってきた旅行記」の記事を書く案件があった場合、行ったことがないので出来ないと言っていたら仕事はありません。
色々調べて、行った気分になって書くことが重要です。
記事に魅力があれば、実際に行ったかどうかはどうでもいいことです。
実はネットの記事なんてそんなものだということです。

自己実現とは切り離し、「稼ぐ手段」と割り切ってやっていくと続けられます。

⑩仕事が取れない

仕事が取れないと、そのまま放置してフェードアウトしてしまいます。
仕事をとれないのはプロフィールや実績の要素もありますが、初心者は圧倒的に「提案数」が少ない。
1つとか2つしかしていなかったりします。

実は私もそうでした。けれど師匠の本田もみじ先生に「提案しまくれ」と言われて、提案しまくるといくつか仕事を取れました。
やれる時間分を考えて提案する必要はありません。
かぶったら、適当な理由を付けて断ればいいんです。
たくさん提案すれば、良い仕事を選ぶこともできますしね。

最後に

以上、ランサーズ&クラウドワークスがやらない、できない10の理由でした。
他にも要因があれば教えてください。参考にしたい!

これ原因がわかったからって、じゃあ出来る・・とはならないと思うんです。
そこでこんなサービスがあります(以後、宣伝)

クラウドソーシングで副業をサポートするサービス

ネット副業サポートサービス コンセント

ネット副業サポート コンセント

副業をクラウドソーシングで始めたい!
そんな方をユーザー登録から二人三脚で一緒に仕事をしながらサポートサービスです。
ひとりでは中々できなくても、背中を押してくれる人間がいれば簡単にできます。
ネット副業デビューしましょうよ♪
詳しくはこちら

Follow me!