面接に納得いかないこと、情報提供の差別!

皆さん、就職活動などの面接に疑問を感じたことはないですか?

就職した方なら一回は「面接」受けたことがあると思います。

あれっておかしくないですか?

そんなもんだと思っているのか、雇う方が偉いからあきらめているのか?

まだ、採用されればいいですよ。けど不採用でも許せます?

何を怒っているのかと言うと

面接は情報が一方通行ということです。

私たちが面接する時、履歴書に年齢、住所、学校、職歴など書くわけです。
それを面接する人は見るわけですよ。
けど、こちらは面接官の年齢、住所、学校、職歴は知らないわけです。
それって情報差別じゃないのか?

考えてみてください。
例えば年齢見て「見た目より老けているな」とか「そんなとこ住んでるんや」と思われているわけです。
学歴とか向こうは知っていてこっちは知らない。

なんか納得いかないことないですか?

そんなもんと思います?

けどねえ、小さいとこなら一緒に働く人とかが面接官だったりして、
仲が良くなく学歴馬鹿にされたとして、それって教えてないのになぜ知っているかってことです。
こっちは知りようもない。
中々、聞けないこともありますからね。

私は思いますよ。面接官にはこちらが提供した情報と同じ情報を渡せと。

そっちが吟味するならこっちも吟味させろと思います。

職歴多いね~とか言われた時、相手も多かったら「一緒ですね」と言えるじゃないですか?

住所・電話番号も提供しやがれ!そう思うんですよね。

心狭いって・・・けど面接官が仲良くない知り合いでこっちの情報だけ見られるって嫌じゃないですか?

つまり、面接・・・って差別的な行為だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。