ランサーズで副業デビューする

副業を始めたいが、中々一歩を踏み出せない

リストラ、希望退職、倒産、失業、クビ
何かいいニュースを聞かないですね。

ああ、自分の首もうすら寒い・・・ぶるぶる

そこで、
会社をクビになっても大丈夫なように備えたい。
そう思って副業しようと考えます。
しかし、色々調べてみるも日々の忙しさを言い訳にして一向に進まない。

その原因のひとつが「どうすればいいのかわからない」というのがあります。

わからず動かなくても何ら(今は)問題がないから・・そりゃ人間は動きません。
そう簡単に自分に厳しくは人はなれないのです。

もちろん危機に直面すればそれなりに動けるようにはなります。

逆に言うと危機にならなければ動けません。
必要がないことはしないのが動物です。

腹がいっぱいのライオン、鷹、サメが明日のために努力して餌取りの練習をするのでしょうか?

しません!

腹が減ってから動きます。

けど、人間社会はそれでは上手くいきません。
だから今からやらないといけない。

けどなあ・・・正直しんどいぞ。

そうです、いきなりしいどいです。
しかも出来る自信もない。

じゃあ、どうするのか。
出来ることからやってみる。

いきなり何のアイデアもない状況で自分でビジネスを作るのは大変です。
まずは人が用意した仕事でいいのでやって、

会社の給料とは別の収入を得る!

これが肝です。

お勧めはクラウドソーシングのプラットフォームの「ランサーズ」でライターをやることです。
なぜ「ランサーズ」かというと私が一番使い慣れているというだけの理由です。
ライターは一番誰もが出来るであろうということです。

「ランサーズ」に関しては下記参照。

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズを始める心構えとコツ

まずは会員登録をやってみましょう。

これすらやらない人は多いです。

1万人聞いたら
やるのは100人
続けるのは1人
と言います。

ランサーズなどで仕事を取っていくには「実績」が重要になります。
やっていくあなた自身も自信がないと思います。
なので「仕事を探す」から「タスク」を選んで、まずはタスクを10個やってみます。
あまりにも低い報酬の割に要求の多さに憤りを感じつつも「実績」を作っていきます。
10個の実績を持ってプロジェクトに応募します。

私のライターの師匠である本田もみじ先生の教えを紹介します。

  • 副業と自己実現は分けて考える
  • 月5万円の決め手 「文字単価・良いクライアント」
  • 3つの武器は「署名記事」と「プロフィール」、そして「評価」

副業と自己実現は分けて考える

ランサーズの仕事を自分の夢と結び付けるとしんどくなります。
ここでは「お金を稼ぐ」ことに専念する。
好きでもないケーキについて大好きを装って書くということ。
割り切ってできるかですね。

月5万円の決め手 「文字単価・良いクライアント」

最初からは無理ですが、文字単価の高い仕事を取ることと、やりやすい良いクライアントを見つけていくこと。
それを念頭においてやっていくことです。

3つの武器は「署名記事」と「プロフィール」、そして「評価」

ランサーズで武器となるのは自分がこの記事を書いたという証明となる「署名記事」を書けるようになること。
あとは仕事を頼みたくなるプロフィール、そして高い評価ですね。
認定ランサーを獲るのがランサーズの中ではひとつの目標となります。

マンツーマンで一緒にやる!

まあ、それでも最初の一歩は中々踏み出せない。
そういう人もいると思います。
そこで私が提案するのが「ランサーズでライター副業デビュー」をマンツーマンで一緒にやっていくサービスです。
「デビューカフェ・コンセント」
興味がある方はちょっと覗いていってくださいな。

ランサーズライター副業デビュー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。