大解雇時代

大企業のリストラが増えている

東芝 7000人
ルネサス 1000人
パイオニア 3000人
日産 4800人
三井住友FG 5000人
富士通 2850人
みずほ 19000人
MUFG 10000人
JDI 1200人
損保ジャパン 4000人
リストラ  計約6万人

ツイッター

これ最近の大手企業のリストラ状況。
すごいですね。6万人ですよ。
本当に終身雇用は終わりましたね。
っていうか、それでもしばらくはいられると思っていた人にとっては寝耳に水。
しかもターゲットは45歳以上。
一番、お金のいる時に・・・・つらい

けど、この人たちは大企業高給取りの正社員。
ゆえにひどいなあとか感じません。
いままでバカにしていた中小企業、非正規・派遣の人たちはずっと前からリストラされまくってましたからね。

そして、大企業をリストラされた人達は同じような待遇の職にまた就けるのでしょうか?
そこは、優秀だから大丈夫でしょう。
国の支援はいらないと思いますよ強者だから。

先日、知り合いの零細企業に元大企業の人が面接に来て、「自分は大企業で仕事してきたのだから中小企業の仕事なぞ軽いものだ」とか言っていたらしい。
知り合いは「大企業病」と言っていましたが、そんな人だらけなんですかね。

これはまだ序の口・・リストラは始まったばかりでしょうけど。

大介護時代に大解雇時代

私は「介護離職」の問題に関わっていたこともあって、今の大介護時代の話をよくしていました。
しかし、そんな大介護時代をもじったように「大解雇時代」が始まるとは・・
リストラ企業の中で今話題なのは「 損保ジャパン 」
まさに大介護時代を大解雇時代に利用したようなアイデアです。

「 損保ジャパン 」 のリストラ策
①200億で不人気な介護会社を買収
②4,000人のリストラ対象者に介護事業への異動通知を出す
③多くの人は移りたがらずそのまま退職
④自己都合退職なので割増退職金(1,000万/人→計400億)を支払わず済む

ツイッター

頭の良い人はすごいこと考えますねえ。
東大とか言ったら平気でこんなこと考えるのか。ふーん。
けどすごい、大介護時代に介護事業は必然。
窓際じゃなく、今後もニーズが高い、福祉を担う仕事へ。
ある意味、美談・・・

しかし、スーツ着て、綺麗なオフィスでかっこよく働いていた、自分はエリートと思っていた人たちが、泥臭くしんどい(本当はとても尊い)仕事ができるわけがない。それも半分以下の報酬で・・・。
じゃあ、選択としては辞めるしかないわけです。
企業は仕事を用意した、辞めるのは本人の意向。

大解雇時代 解雇し放題

これ、他の企業もやりますね。
今まで見下していた、下請けや出入りの業者と同じ仕事をさせる。
それにはプライドが耐えられないでしょう。
この俺様にこんな仕事ができるか!

そう思わせたら十分です。後は時間の問題。
業務時間に転職活動は大目に見てあげましょう。って感じですかね。

このような手法があれば、解雇要件の緩和をするまでもなく解雇できます。
ただ、解雇要件の緩和が法案化されない場合、出るのは簡単になったけど、入るのは難しいまま。
それでいいんですかね。

非正規・派遣は毎月リストラされてきた

大企業が人余りとなっている今、大企業に再び就職して、前職の水準で報酬がもらえる人はごくわずかでしょう。
そして、転職・・・大企業で優秀な自分が不採用・・耐えられるのか。
いままで、派遣や非正規の人を簡単にクビにしてきたのに、自分がクビになると憤る。
待遇の悪さにびっくりするでしょう。
交通費も出ない会社があるなんて想像もできなかったでしょう。
大解雇時代と言っても、非正規・派遣は毎月のようにリストラされてきた。
そういう雇用形態だといっても、それを望んでいたわけじゃないし、クビにされたらショックは受ける。毎回、毎回面談受けて「どうか、雇ってください」と 平身低頭 でお願いする。働き先では最低ヒエラルキーとして見下される。

そんな気持ちをちょっとは理解できるのはいいのかもしれません。
みんな落ちてきたら、ある意味平等、仲良くなれます。

大解雇時代に備える

絶対、解雇されない方法があります。
それは自分が自分を雇うこと。
自分で仕事を作ることです。
大企業といえど、なんの保障も安定もありません。
だったら、個人でビジネスしたって同じです。
儲からない恐怖はあっても、クビになる恐れはありません。

今後、ますますリストラが加速していきます。
自分の生きる道は自分で作っておく時代です。
新しい自分を見つける「大邂逅時代」ともいえます。

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール