リストラ対象は45歳 これからをどう生きる

acworksさんによる写真ACからの写真

なんで45歳以上なの?

いつも思うが、人生100年時代なのに人生の半分も行っていない45歳以上をリストラと言う名の解雇対象にすることに憤りを感じる。
80歳以上は社会への貢献度が低いから山に捨てると言っているのと同じだ。

リストラなんて意味がはっきりしない言い方も許しがたいのでクビですクビ。そのクビの対象がなぜ45歳以上かと言うと、終身雇用、年功序列でこれから恩恵を受ける世代だから。
65歳まで職を保証してくれるから、若いころ安月給でもがんばってきた。
今、頑張れないからってクビはないでしょう。
それって詐欺じゃないかと言うわけです。
まあ、一理あります。
しかし、最終的にはそんな会社を信じた人の責任です。
だから、今皆言わないといけない。
正当な報酬をよこせ!と。
日本って他の先進国と比べて給料が異常に安いと言われています。
本当はもっともらっていいはずなんです。
搾取されているんです。
そのことは覚えておきましょう。

約束を反故にしないと生き残れない企業

まあ、企業には企業の事情があります。
終身雇用、年向序列を守りたいけれど、世の中それではやっていけなくなってきた。時代とともにルールや状況は変わります。
だから、 今の時代に合っていない終身雇用、年向序列は維持できない。
それはそれで納得できるような気もします。
けれど、企業もそれは何十年も前にわかっていたでしょう。
わかっていて、最初の会社員の負担の部分だけ利用して、会社の負担になる後半に入る前にさようなら~です。
だから詐欺です詐欺。

クビにされないのはいいことか?

日本は簡単に社員をクビに出来ない。
これは会社員のため・・みたいに思うかもしれませんがどうなんでしょうね。
その会社でしか通用しないスキルしか身に付かず、役割を終えた人もずっと雇い続けなければいけない。
それが企業の負担となっているが、簡単に解雇できないため、希望退職募集とか、全く向いていない仕事への配置換えとかでなんとか辞めさせようとします。

辞めさせるのに労力がいると雇うのも大変だし、雇い続けるには給料を低く抑えるしかないと思うんです。

逆に会社の独断と偏見でいつでも辞めさせることができれば、給料を上げることができます。簡単に雇うことも可能です。
もちろん、国は失業手当を当月から支給します。
それも2年ぐらい。
ただ、就職自体は比較的簡単になると思います。
ただ、ミスマッチもあると思うので、研修+実地訓練で失業保険から給料を出して、半年くらい現場で仕事を覚える。
それなら企業も受け入れやすいでしょう。
そうなれば、クビというより最適なステージに移行と言う形で職場を移る感じになるんじゃないかと思います。
引きこもりの人の復帰もしやすくなるんじゃないかなあ。

会社でがんばっても、何の保証もない

会社の都合で解雇されるなら、命削って仕事する必要はないと思います。
頑張らなくていいわけじゃありません。最低限の成果はしっかり残して、余った力は会社の仕事ではなく自分の仕事に使いましょう。
とにかく本読んで、勉強して、やりたいこと、やれることを見つけて個人ビジネスを始めましょう。
個人でビジネスを始めれば、経営者の気持ちがわかります。
経営、マネージメント、コミュニケーション、ITスキル、ライタースキルと様々なものが身に付きます。
要はお金を払ってくれるお客さんが作れればビジネスです。
副業で始めればリスクは小さいし、個人だから好きなことができます。
普段困っていること、どうにかしたいこと、これ楽しいのにと思っていることをヒントにビジネス化していきましょう。
そうやって作ったビジネスが将来のあなたを助けることになります。
会社の仕事は将来のあなたを助けませんからね。

会社は営利団体の組織だということを忘れてはいけません。
会社からすると個人がどうなろうと知ったこっちゃないのです。
じゃあ、こっちも会社なんてどうなろうと知ったこっちゃないんです。
自分個人の利益のために利用しているだけのもです。

45歳でリストラ?
いつでも来いや~と言えるように準備しましょう。
くやしいけど、今からの時代、個人で備えてやっていくしかありません。

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!