45歳いじめ、45歳レッテル

45歳という数字

飲料メーカーのキリンが早期退職者募集をするというニュースがありました。
その早期退職(リストラ)対象というのが、

45歳以上

出た―45歳いじめ。
何なんですか45歳という数字は・・
もしかして「死後(45)」
「お前はもうしんでいる」 ということですか。

あべし!ひでぶ!

45という数字については・・・
40前半はまだパフォーマンスが高いということを言っていました。

これねえ。
LIFULL HOMESのコマーシャルの「xxなんてない!」という思想と逆行していると感じます。
決めつけ、レッテル貼り。

つまり、45歳リストラとか言っている企業は・・・そういうことです。
まあ、そう言いながら LIFULL HOMES だって年齢など条件付けて採用しているでしょうけど。

世の中の45歳がすべて高給取りではない

45歳以上をリストラ対象にする理由の一つに

仕事が出来ないのに高給

とうのがあります。
けどね・・これ大企業様の話。
確かに大企業には「俺、ぶちょーしかできません」というのがいっぱいいると思いました。
だから、キリンみたいな大企業の高給取りがリストラされるのは、別にいいと思います。

でもね、中小零細企業や派遣、非正規の45歳以上は20代と同じ給料なんです。
それを45歳以上不要論みたいに一括りにされることが遺憾であります。

そういう意味では45歳リストラを声高に叫ぶ大企業を忘れずにいることです。
その企業がピンチの時に思い出しましょう。

リストラするなら

リストラするなら年齢なんて安易なことではなく、もっと具体的な条件にするべきだと思います。

今、企業に貢献できているか?
今、企業に不満があるのか?
今、企業と共に歩み、発展させる力となれるか?

そういうことを考えてもらって、合っていなければ別の道を行く方があなたの為だというような感じがいいと思うんです。

そんなこと聞いてる暇がないなら、全従業員を対象に聞けばいい。
それで若者がどんどん退職するようなら、そういう会社なんだというのが見えていいんじゃないでしょうか。

遅かれ早かれキャリアチェンジ

まあ、リストラするということは、その仕事は先細りなんです。
残りが2,3年ならしがみついていることも可能でしょうが、20、30年ですぜ。
どのみちキャリアチェンジを考えていくしかないんです。
もうなくなりますよ、その仕事。

スーパーを見ていると、日に日にレジの仕事がなくなっていっています。
気が付いたらレジに店員さんがいなくなるでしょう。
自分の仕事も同じ運命です。

今から、次の仕事を考えておかないと対応できません。

飲料の仕事していたなら、個人が飲料を企画して、工場をシェアしてオリジナルドリンクを作れるコンサルとか良さそう・・・

遅かれ早かれキャリアチェンジは必要です。
なので45歳以上の皆さん、リストラに負けないで準備しましょう。

40歳からのキャリアチェンジをサポートする
キャリアチェンジサポート40

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

気軽にテクノロジーを学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!