長期休暇の人の休暇終わりの心構え

長期休暇が終わる時

休暇の残りカウントダウン

サービス業の方などはずっと働き詰めで、何が長期休暇だと思われるでしょう。
本当にねえ。長い休み、会社員なら有給みたいなものです。
贅沢なことです。贅沢なことですが、その状況にはその状況の悩みがあったりします。
特に、日ごろ会社に行くのが嫌だった人は長期休暇が残りわずかとなればザワザワします。
私なんてネガティブ人間なので、休みの初日から、どうせ一瞬で終わってしまう。あと何日しかないと心配しているのです。
休みに入る前が一番幸せかもしれません。
新入社員は大丈夫でしょうか?
ちょっと心配です。
4月は右も左もわからず走ってきたが、ここでの長期休暇。
学生時代に少し戻ってしまって、会社に戻れなくなりそう・・

個人ビジネス的には忙しい長期休暇

会社が休みゆえに個人ビジネスはたっぷりできます。
と思っていたら、意外とバタバタして進まない。
これまた、苦しい、苦しすぎる。
でも、ちょっと気が緩む部分もあり、反面やらないと、やらないとと焦る。
でもまあ、個人ビジネスに関わることをやっていたら、連休も働いている感覚なので、長期休暇が終わってもそんなにダメージはないかと思います。

会社員には長期休暇は危ないかも

会社員が10日とか休むことはめったにありません。
これ、結構会社員を続けていく上では危ない。
こんな生活があるんだ。そのことに気が付きます。
今日が何曜日かわからない感覚。
朝から晩まで、すべてが自分の時間が何日もある。
会社は遠い過去の出来事のように感じます。
本を読んだりして、違う生き方もあるんじゃないのか?
そんなことも考えるかもしれません。
そうなると、行きたくなくなります会社。
いや、本当に会社員には危険です。

長期休暇の終わりに備える

嫌だー、会社行きたくない~!と叫びたくなる気持ち、よくわかります。
でも、もやもや、ざわざわして過ごすのはしんどいです。
何か楽しくないですよね。
何とか楽しく過ごすには、私のお勧めは読書です。
もう、勉強しまくる。
会社のことを忘れるために。
色んな知識を手に入れれば、ちょっと自信も湧いてきて会社を恐れる気持ちも消えていきます。
本を読みまくることで、休暇モードから仕事モードに体と頭を慣らすことも出来ます。
その上、知識が増えれば今後に活かせるでしょう。
ジャンルは決めず、興味がある、面白そうな本、役立ちそうな本を見つけて読みふける。
これで休暇を良い感じで終われると思います。
ぜひ、長期休暇の最後は読書で締めくくりましょう。

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!