才能の欠片を見つける!好きなことを考えてみよう ビジネス釣書講座<3>

ビジネス釣書」とは
あなたの才能、能力を自分で発見するものです。
「才能も能力も何もない!」と思う凡人だからこそ、わずかな「才能の欠片」を探していかないといけません。
「才能の欠片」は小さい、しょぼいと思います。
けれど、自分でちょっと才能があるのかな?と思ったことを見つけて書き留めておくのが「ビジネス釣書」なんです。
「ビジネス釣書講座」はあなたの釣書を一緒に作っていく講座です。

才能は「好きなこと」の中にある

才能は「好きなこと」の中にある。

そう言われます。

それは間違いないと思います。

それは

「好き」ということ自体が才能

だからです。

例えば、私はゴキブリが大嫌いで、見るだけで気絶しそうです。

そんな私からみたら、ゴキブリが平気な人はある意味「才能」だと思うわけです。

まあ、ゴキブリが平気な人がゴキブリ好きと言うわけではないですがね。

私の知人が住職なんですが、仏に仕える人は基本(現在は食べること以外)殺生をしません。
ある集りでゴキブリが出てきた時、住職はゴキブリを両手で包んで外に逃がしていました。

これ私には絶対無理なことです。
害虫に接するその姿・・「才能」を感じました。

って、ゴキブリから入るからややこしい。

分かりやすいのは「絵」とか「音楽」などやっている人。

下手とかは置いておいて、出来ること自体が「才能」です。
だって、才能ない人間はやろうとも思いません。

そして「絵」や「音楽」は何が正解かわかりません。
現在の人に評価されなくても、死後「天才」と謳われるかもしれません。

だから、好きでやれていることは「才能」なんです。

自分の才能としてメモしておきましょう。

なぜ、好きなことなのに「才能」と思えないのか?

「好きなこと」に才能が隠れていることは何となく感じますが・・けど「才能」じゃないと思うものはあります。

それはなぜか?

例えばドラえもんののび太君
典型的なドラえもん依存症の落ちこぼれ・・な感じですが、彼には特技があります。

あやとり

今って、”あやとり”やっている子いるんですかねえ。
もはや存在すら危うい”あやとり”。
のび太君は”あやとり”が得意です。天才的なんです。
でも、そのことでのび太君がスネ夫やジャイアンからリスペクトされることはありません。

なぜか?

それはビジネス(学業や人気者)に結びついていないからです。

もし、出木杉君が”あやとり”が得意なら、何か勉強を教えるネタに”あやとり”をパフォーマンス的に使うでしょう。それでさらにクラスの人気者になる。
そんな感じ。

要はビジネスに如何に使えるかが「才能」になるかどうかです。

シティーボーイズの斉木しげるさんが舞台で「私はうんこを見て泣けます」というネタをしていました。
最終的に泣けないというところが斉木さんらしいですけど、「うんこを見て泣く」ことって才能だと思います。

けれど、これオフィスワークをやっている人には宴会ネタぐらいにしかなりません。
俳優なら、いつでも泣ける才能となりますけど。

そう考えると、どんな糞(うんこにかけて)な才能でも、使うところによって宝にもゴミにもなるということです。

好きなことを真の「才能」にするにはビジネスに直結させることなのです。

ビジネス釣書講座

好きなことってなんだろう

好きなことって何ですか?

そう唐突に聞かれると困る・・出てこない・ということもあります。

それは「好きなこと」がないわけではなく、整理できていないから。
「ビジネス釣書」はそれを整理しておくためのものです。

そして「好きなこと」も色々あって、どれもこれもどこでも言えるわけではありません。

例えば私は自称「ゾンビ」のゾンビ好きなんですが、お堅い相手への自己紹介で「ゾンビ好き」なんて言いません。もちろん、これはいけそうという相手には言いますけどね。
大体、名刺に書いてある「趣味:ゾンビ」「ゾンビ心理学者」というところに食いついてくれますが・・

他に「官能小説」の書評を書くのが趣味だったら、女性には中々言えません。

でも、「読書書評」ではインパクトはないし、趣味:読書は何もないに等しい。

そうなると「どう表現するか」となります。

表現するには具体的にする必要があります。
具体的にすれば、何が好きなのかが見えてきます。

例えば、私は「映画好き」ではありますが、アイドルが出ている恋愛映画や暗い映画は見たいと思いません。
SFやアクション、ホラーが好きですね。
特にはホラーが好きですが、呪いとか幽霊は好きではありません。
ゾンビ系の世界が混とんとなる映画が好きなんです。
そして、最後はみんなゾンビな「ゾンビーエンド」なのが最高です。

で、ゾンビ好きなので「ゾンビ心理学」とか自分で作ってみたり、将来は「ゾンビ映画専門映画館」やゾンビが働く「ゾンビカフェ」とかやりたいと考えています。

って、ゾンビの話はもういいって?すみません。

好きなことーーー、ひとつは具体的に言えること

それは当たり前のことかもしれません。
でも、意識することが大切。

これは趣味的なことでなくてもいいのです。

今回はここまで

ビジネス釣書ダウンロード
DownLoad
ビジネス釣書講座

ビジネス釣書講座4

好きなことって何だろう?

自分の仕事を作って副業を始めたいなら 
なりわいつくり【デビューカフェ】

クラウドソーシング副業を始めるなら ネット副業サポートサービス【コンセント】

個人ビジネス・副業情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

これから役立つテクノロジーを気軽に学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!

才能の欠片を見つける!好きなことを考えてみよう ビジネス釣書講座<3>” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です