暇つぶし休日出勤

休日にすることないから会社に行く

ある会社員の会話
「休日に家にいてもすることないし、嫁には邪魔者扱いされるので会社で仕事をした」
「休日は電話がかかってこないので、溜まっていた事務仕事とかできてよかった」

うんうん、仕事熱心はいいことだ、確かに人のいないオフィスの方が作業も進むだろう。
別に非難することではない。

ただ、思った。
「休日が暇!?」

大丈夫か、この人たち・・・

暇なので会社で仕事してたんやって・・・

休日暇で会社で仕事・・余裕だな

恐らく、この会社員の方は大企業勤めで、終身雇用が約束されている人なんだろう。
仕事は会社に行った時だけやりゃあいい。
会社のために休日を使う、そりゃずっと雇ってもらうんだから、それぐらいしておかないと。
そんな感じ・・人生余裕だな。うらやましい。
個人ビジネス&IT土方で流しで働いている人間にはない発想だわ。

休日は自分の仕事をする時なのだ。勉強する時なのだ。遊ぶ時なのだ。
暇なんかありゃしない。隙間時間に勉強して、ちょっと時間があったら記事書いて、大目に時間があったら、アイデア考えたり、商品作ったり、発信したり、やりたいことをやりまくる。
自分の仕事”なりわい”のために全精力を注ぎこむ。
会社なんぞには微々たる力も使いたくはない。いや、使っている余裕なんてありゃしない。
明日生きていくために、なんとか力を付けようと必死なのだ。
休日というのは会社員の自分が休みであって、個人事業の自分は営業中なのである。
そうなると、常に働くことになるので仕事のタスクとして「休養」をスケジュールに入れておく、「遊び」を予定しておく。

ずっと休日になったらどうする?

休日が暇な余裕ある会社員の方は、この先、ずっと休日になったらどうするんだろう。
ずっと休日なので暇だからって会社にはいけない。
会社でしか仕事ができないので、会社を探すしかない。
会社を探している時間以外は暇。
ってなるんだろうか?そこまで余裕なのか・・・

まあ、会社がずっと休日になったらわかるのかもしれない。
「あの時は余裕あったな~」とね。
いや、そんなこと言っている余裕はないかもねえ。

会社員という身分はなくなる。会社員との二束の草鞋は貴重。

ランサーズが「雇用はやめよう」というCMを打っているが、アメリカの動向などを見ていても会社員は減少していくでしょうな。
非正規社員を雇うのは低賃金もあるが、いつでも切れること。
フリーランスならその仕事、仕事のひとつ、ひとつの契約。
俄然、プロ意識も違う。次の仕事がもらえるかどうか必死のぱっち。
仕事の保証なんて微塵もない。一回一回が勝負。
ゆえにスキルも劇的に上がる。
安穏としている会社員ではこの緊張感は出せない。

企業がそれなりの報酬をちゃんと出せば、フリーランスで十分となるわけですよ。
今後は事務仕事なんかもフリーでやっていくことになる。
フリーでやるには事務仕事ってどんなことをやるのかを示せないといけない。
けど、自分の業務とスキルを示せれば事務だって高額報酬を得られる仕事になる。
社会保険料やらもろもろ考えたら、多少報酬が高額でもフリーに頼んだ方がいいと考えるだろう。

これからはそういうサバイバルな世界を生きていかないといけない。
ちんたら資格の勉強をしている暇はない。
(あっ、勉強は必要)
ただ、ただ勉強しているだけでは生き残れない。
ビジネスも今から始める。
中途半端でも、未完成でも、イマイチでもいい。
とにかく動き出す。
地面は底なし沼、止まっていては沈むばかり。
とにかく動く。動きながら考える。
どうせ凡人が一生懸命考えたってうまくいくわけがない。
けど、数打ちゃ当たる。
そんな感じで、個人ビジネス始めません?

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール