資格の勉強 ビジネス

【眠らせている資格をビジネスに変える】

サラリーマン絶滅、今後10年内になくなる仕事など
恐ろしく刺激的な見出しがネットやテレビ、雑誌に並んでいます。

今日も新聞に
定年前後の「やってはいけない」 (青春新書インテリジェンス)


という本の広告が載っていて、
そこでやってはいけない一つに
「資格・勉強に時間とお金を使う」ことが上げられていました。

この本も人生100年時代をどう生きるかという観点から述べられており、
定年後の第二の人生をどう生きるか、働くかが書かれています。

まあ、定年に関係なくても自分の勤める会社は大丈夫か、
自分のやっている仕事は消えないだろうかなど
色々~考えて不安になってきますね。

それでも普段業務が阿呆ですかと思うほど忙しかったりすると
文句を言いつつ仕事に没頭するあまり将来のことを考えなくて済みます。
それはその時は幸せかもしれません。
「今はそんなことを考えている暇はない」
そう自分に言い聞かせることが出来ます。

ある日、めちゃめちゃ暇になってきます。
暇でいいやん!最初はそう思うでしょう。
それが3日、1週間、1か月、半年となってくるとどうでしょう。

めちゃ不安になりますね。

暇なのは会社に仕事がないから、それは延いては儲かっていないということ。
会社が儲かっていないとリストラとかの対応があるかもしれません。
会社がそんな状態の中、自分は暇を持て余し貢献していない
後ろめたさに苛まされます。つらい・・・
とはいえ営業じゃないしどうしようもない。
いつか良くなるだろうと期待するだけです。

そんな時、派遣社員の人が早期契約終了となります。
コスト削減のための残業削減、備品節約が言い渡されます。

なんだかヤバい雰囲気になってきたころ、
恐ろしい不安に襲われます。
このままでは仕事がなくなる・・・

今の仕事がなくなったらどうなるのか。
この仕事はこの会社独自のシステムややり方だ。
他の会社では通用しそうにない。
そうなるとどうなるんだか・・

不安不安と悩んでいても何も解決しない。
そこで将来に向けて新しい仕事が出来るようにしようと準備を始めます。

そこで多くの人が考えるのが
「資格を取ったり、スキルを習得するための勉強」をしようということです。

それ自体は素晴らしいことだと思います。
しかし、それが資格やスキルを将来の仕事に生かすということだと少し話が
変わります。

それは資格やスキルを習得しても仕事に出来るとは限らないからです。

税理士の資格頑張って取ったとして、ではどうやってお客さんを獲得するのか?
どこかの事務所の下働きをやったとしても使い捨てられるだけで
お客さんをもらえるわけではありません。

せっかく苦労して資格を取得したのに仕事にならないなんて・・絶望します。

そこに「心理カウンセラーは成功する」という広告を見て、「これだ!」とまた勉強します。
これも多くの競合の中で仕事を得るのは困難です。
そして次を探す。そんな繰り返しです。

なぜ、こうなるのか
これは順序というか目的が間違っているということです。

資格やスキルを取得するのは仕事を得るためであり、
取得することが目的ではないというこです。
そしてそれさえ取れば仕事になると思ってしまうことです。
わたしもそうでした。

そうではなく最初に「何をやりたいか」を考え仕事を作ることです。
こんな仕事をやりたい。それをやるために資格やスキルが必要だ。
という時に初めて勉強します。

仕事にその資格がないと出来ないのは別とすれば、
資格、スキルを習得する前にもうやってしまうというのがいいですね。

まず、やってみる。そこで本当にやりたかったことか、
出来そうなことなのかわかります。

やってみることで新たなヒントも生まれてきます。

例えばライターをやりたいと思った時、まずランサーズなどで書いてみる。
そのうえでライティング技術をさらに伸ばしたいと思った時にそれを習いにいくことでいいと思います。

でも、もう資格取っちゃって眠らせてるんですけど・・・という人もいると思います。
その場合はそれをどううまく使ってビジネスに出来るか考えます。
組み合わせや相手、場所を変えることで新たなビジネスになる場合もあります。

例えば
お茶の資格を眠らせていて、心理カウンセラーの資格を取ったなら、
お茶をたてながらカウンセリングする「茶道カウンセリング」とか面白いと思います。
精神を整えるお茶の席だからこそ効果が高まるカウンセリングです。
どうでしょうか。

で、それが出来る、やって欲しいのが開催しているNARIWAINARIなのです。

NARIWAINARIでは考えたアイデアを実践、トライして欲しいと考えています。
場所を提供し、集客などお手伝いします。
ぜひ、関わって欲しいと願います。
関わる方法は色々ありますが、
まずはサービスを受けてみてください。

NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari_info

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン