奴隷非正規

奴隷で成り立つ社会

中年フリーター(34歳~54歳)が273万人だという記事があった。
21世紀になる前の就職氷河期時代の人が多いと言う。

いわゆる正社員より賃金、待遇が悪い非正規・フリーターが急増している。
自分は正社員だから関係ないなんて思っていては危ない。
なぜなら、今後正社員なんてよくわからん身分はなくなっていく。
大体、正社員・非正規の違いなんかは鳥瞰すれば、同じ労働者なのだが。

ちょっと有意な正社員は非正規になったのは本人の努力不足という。
本当にそう思っているのか?だとしたらどうしようない馬鹿だと思う。
大学出て、それなりの企業に就職しても病気などの諸事情から非正規になった人も多くいる。
今後介護離職などで非正規になる人も多くなるだろう。
今、正社員でいるのは単に運がいいだけである。
努力という話でいうと、じゃあなぜあなたは孫正義さんや三木谷さんみたいな資産家になっていないのか?
会社での重役、社長になっていないのか?
努力してこなかったのか?

皆、必死で努力している。
けど、その時の判断や運、社会情勢、考え方、家庭状況などで今があるだけ。

そして、大企業の社員は非正規などの人を奴隷にすることで、自分たちがちょっと偉いと勘違いさせてもらっているだけである。

中国の経済発展は10億人の奴隷が4億人の普通の人間を養っている。
その姿を見て、良い国だと思うのだろうか?
少なくとも生粋の日本人なら嫌悪感を覚えるだろう。
嫌な気持ちになったなら、あなたはまだ大丈夫だと思う。

私は日本には奴隷制度は似つかわしくないと思う。
会社員は正社員と言う上級奴隷と非正規という下級奴隷と資本家で構成された社会になってしまうのだろうか。

ただ、このまま生活するので手一杯、結婚も出来ず、家庭も作れず、職業スキルも磨けない非正規の人を増やしていくことは、老後を自分で過ごせない人が多くなり、その社会保障を担うのは国民だということを忘れてはいけない。

皆がそれなりの給料になることが将来の日本を救う

少子化なんて、皆がしっかり生活できれば解決すること。
子供が出来ないのは草食化なんじゃない。
子供を養うお金がないだけ。
子供を育てるにはお金がすごくかかる。
生活するのに手いっぱいの人間が子供を持てるわけがない。
子供を持ったら、ランチもいけない、旅行もいけないとなると子供を持つわけがない。
一人なら、それなりの生活が出来る。
けど、そんな人が増えすぎたら、人が減りすぎて社会の活力が失われる。
どう生きるかは個人の自由ではある。
しかし、根本は子供を産み育てることにあると思う。
そうならば、子供を産み育てるのが最高と思える社会にしていかなければならない。
政府はもっとそこに力点を置いて欲しい。

「子供を産み育てるのが最高と思える社会」
を作り出すには、国民の所得を上げること。
そのためには企業が儲けないといけない。
間違っても最低賃金を上げてはいけない。
まずは雇用が最優先だから。
少ないながらも収入があることは生きることに繋がる。
そして企業にはしっかり儲けてもらって、儲けたお金をちゃんと分配するようにしていく。
そこは多少、社会主義的要素もあってもいいと思う。

頑張って、リスクを負って成功した人ががっぽり儲けるのはいいこと。
ただ、それで新しい事業を起こしたりする分にはいいのだが、内部留保する企業には、そのお金を社員や下請けなどに還元させるべきだと思う。
(ZOZOの社長が宇宙旅行するとかはいいと思う。ただ、それをホリエモンのように国内で使ってくれれば、もっといい)

要は必要以上にあるお金は上手く国民に広く再分配する。
それを上手く効率良くやるのが政府なのです。
自分の地元・選挙のことしかない政治屋がいては適正な再分配はできない。
ここは国民がしっかりチェックするところ。
そう、選挙ってだから大切。
国会議員にはちゃんと意見できるし、自分が生きやすい世の中を作ってくれる人を選べばいい。
選挙に行っていない人は政治に参加していないのだから、どんな境遇になっても文句は言えない。
投票した人が落選したって、その票は有効なんです。
1:99で落選した人と49:51で落選した人は同じではありません。
落選しても票は力になるということです。
発言力を持ちます。
だから投票に行きましょう。
議員も人間ですから、自分に投票してくれた人(層)を優遇します。
そりゃ当然ですね。
高齢者は選挙に行きます。
若者は行かない。
それで高齢者優遇と怒るのはちょっと違う。

と話は逸れましたが、とにかく日本は超大金持ちも超貧乏もいない世の中を作っていけばいい。

今こそ、横並びな社会を作る

別に皆、平等とか言うわけではありません。
競争大歓迎です。

ただ、一方で皆で分け合って誰もがそれなりの生活が出来て、それなりの教育を受けられる社会が日本に合っていると思う。

がんばった人は報われて、豪勢に生きていい。
それは称えられるべき。

ただ、頑張れない人、上手く生きられない人、お休みしている人もそれなりに生きていける社会にしたい。

分かち合う社会・・がいいんじゃないかと思う。

奴隷解放のために、生業を持つ

非正規奴隷という制度がある限り、そこから脱出するのは容易ではない。
ならば、武器を取って奴隷から解放されましょう。

その武器こそ生業(なりわい)なのです。
生業(なりわい)とは自分のビジネス、個人ビジネスです。
独立商人になるということです。

皆が独立商人になれば、身分制度は崩壊します。
皆が稼ぐ手段を持てば、皆豊かになります。

政府もサラリーマンを作る教育から、商人を作る教育に変えていくべきです。
どこの駅前にいってもパチンコ屋ではなく、コワーキングスペースがある。
そんな世の中期待します。

そして、あなたも始めましょう。
副業から始めましょう。
自由を手に入れるために。


起業家志望ランキング

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari

デビューカフェは披露する場所がない、店舗がない個人起業を目指す人にデビューするステージを用意して、個人ビジネスデビューをしていただくサービスです。
個人ビジネスデビュー応援団長:内橋康彦といっしょに個人ビジネスを始めましょう。

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

デビューカフェメルマガ