なんとかしようと資格取得に走るわけ

将来の不安を察して、何か備えないといけないと言う人が多くなってきている気がします。
書店にいくと数多の資格参考書が並んでいます。
一体、どんだけ資格があるのだろうか。

正直、目がくらくらします。

でも、何とかしないといけない!
そんな思いで真剣に何を勉強しようと参考書を吟味している。

これだけ、多くの資格があるので、どれがいいのか悪いのか?
正直、わかりません。
一見、立派そうに見える資格・・
資格がないと仕事が出来ないものは別として、単なる「認定」資格って仕事にあまり結びつかないと思います。

「情報技術技能者検定」の宣伝ポスターがあり、「あなたの実力をどう相手に見せるのか?」というキャッチコピーが書いてありました。
資格を取るのは悪いことではないし、損とは言いません。
しかし、資格があれば(見えれば)仕事に繋がるのか?
と聞かれれば、繋がらないでしょう。

では、なぜ多くの人が難しくて、しんどい資格取得に走るのか?
それは・・・

楽だから

えー!!資格の勉強ってめちゃしんどいよー。しかも働きながらだし。
うん、苦労はわかります。私も資格試験受けましたから。

けどね、ある意味気持ちは楽なんです。
受験勉強的に勉強さえしていれば「やっている感」は非常にあります。
参考書のページは毎日進んでいきます。

もちろん、知識も増えていきます。
ただ、ただ、勉強をしていれば他のことは考えなくていい。

これは「楽」に始められるのです。

資格を利用した仕事が明確か

資格コレクターでなければ、資格を取る理由は「仕事」のためだと思います。
じゃあ、取得予定の資格がどう「仕事」になるかのビジョン、計画はあるのでしょうか。
そこがあるなら、頑張って資格の勉強しましょう。

けれど、資格さえとれば仕事になると思っているなら、考え直した方がいいですね。
「隣の芝は青く見える」じゃないですが、あの資格もよさそう、今からはこの資格だとか目移りして、結局は「資格マニュア」になってしまいます。

世の中のすごい人は資格を持たずに仕事をしている

よく、有名人が個展とか開いたり、人生相談したりしています。
別に絵を学んで来たとか、カウンセリングの資格を持っているわけではないけれど、人気があったりします。
そう、人の役に立つのに資格が必要なわけではありません。

では、何か・・

「人」

なんですよね。
その人自身が「商品」なんです。

だから、学ぶのはどれだけ価値ある人間になるか。
・何をやっているか
・どんな考えか
・どんな人格か
・教養を備えているか
などをどう見せて、知ってもらうか。

これは難しいし、すぐに結果が出るわけではない。
見えないのでしんどい。
常に自分を磨いていかないといけない。

自分を磨いて、自分を好きになってくれる人を増やしていく。
資格を取るより、そっちに注力した方が、将来の備えになると思います。

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

気軽にテクノロジーを学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール