人は集団の中にいるから個性が出る。

集団にいるから個性が出る

自分は自分の意志で動いていない

あなたは自分は自分ひとりと思っていますか?
実は人間個人は巨大な集団生物の一部なのです。

太古の昔にいた単細胞生物「ボルボックス」は普段は単体なのですが、遠くへ移動したいとか敵から身を守りたいといった時、合体して巨大な「ボルボックス」になります。そして目的を達成したら個々の「ボルボックス」に戻ります。

人間が集団になり都市に集まるのも、遠くから見ると一つの生物というわけです。
人間は60億の細胞で出来ています。ひとつひとつの細胞が連動することで巨大な体を動かしています。全ての細胞が同じ方向に進もうとするから歩けるんです。
けれどその60億個の細胞同士の連絡手段は未だ解明されていないそうです。

いわしが群れを作るのも巨大ないわしを作るためです。
そこには打ち合わせも、配置表もありません。
何か見えない意志で巨大な魚を形作ります。

人間も自分の意志で住むところを決めて、自分の意志で移動していると思っているかもしれませんが、実は巨大な集団生物の一部として、見えない意志で動かされているのです。

これって「アイアム・ア・ヒーロー」やん。
<人間がゾンビになって、最終的にゾンビが集まってひとつの巨大人間になる>

自分の子供が遺伝子を100%受け継げば、それは自分

人間の子供は自分の遺伝子を50%受け継いでいます。
だから似ているし、だから似ていない。半分だから。
自分のことのように思うし、他人のようにも思う。半分だから。

蜂や蟻は親の遺伝子が75%なので子供がより自分なのです。
だから、簡単に自分を犠牲にします。
だから、女王一匹が全ての子供を産みます。
ほぼ、自分である子供だから、自分(女王)を守るために自分(働き蟻・蜂)が命を掛けます。
群れでひとつの生物だから、平気で命をなげうって死にます。
人間なら髪の毛みたいなものです。

クローン人間は100%同じだから自分自身。
自分の子供が100%遺伝子を受け継いだら・・自分のために死ねる?

2:6:2は生物の形

2:6:2の法則というのがあります。

集団には優秀な2割、普通の6割、劣等な2割に必ずわかれるという法則です。

人間が巨大な集団生物とするならば、この2:6:2が生物を形作る最良の配分なのです。

だから、必ず悪い人間は生まれます。
それは巨大生物に必要な体の一部だから。

故に悪い部分を取り除いても、すぐに生まれます。
ただ、良い部分をより良くすることは出来ます。
だから、人間は欠点を潰すのではなく、良いところを伸ばすほうがいいのです。

そして人間(生物)は集まれば集まるほど、個々は弱くなります。
例えば綱引きで1人なら100%出していた力も、2人になると95%になり、10人だと50%になります。
本人は100%出そうとしていても、出なくなるんです。
そしてがんばらない奴もでてきます。
集団になればなるほど、個々の力は弱まります。
それは巨大な集団全体で何か連携していて、調整しているからです。

人は集団にいるから個性が出る。

実は人間一人一人が別々にいる時は全く個性がなくなります。
個性が出るのは集団にいるからなんです。

人間が巨大な集団生物なら、個々の人間は身体のパーツです。
人間の細胞もひとつひとつは無個性な単細胞でも、身体を形造る上では目、鼻、口、手、足と個性がでてきます。
同じように人間もそれぞれの与えられた役割に沿って、その個性が発揮されているのです。

そう考えると、根暗とかネガティブと背が低いとか、デブとかいうのも、必要な形態なのかもしれません。

たくさん人間が集まるからこそ、個性が出るんです。
個性的な人間というのは、例えば「目」のように目立つ部位なのかもしれません。
自分は足の裏かもしれません。けど、大事な部位ですよね。

個性ってそれだけのもので、巨大生物からみたら優劣何て意味はないのです。

人の本質は個性より集団である

人間が社会生活を秩序正しく行えるのは、官僚の頭がいいとか、政治家の指導力があるからではないのです。
巨大な集団生物の意志なのです。
社会秩序が乱れる時は巨大生物の体調不良なのです。
だから、個々の人間が健康を保つことも大切です。

個人主義なんて100年に満たない経験での動きです。
集団的な考えは38億年の蓄積です。
国家もひとつの生物と言えるでしょう。
だから、国家は大切なんです。
自分だけのことを考えている人というのは欠陥細胞ということです。

最後に

いやー科学者はすごいこと考えます。
けど、何か見えないものに操られているのはわかる気がします。
もし、操られていないと思うなら、今から住んでいるところを引き払って、日本を捨てて、どこか他の土地へ行ってみてください。(パスポートとかなしですよ。社会システムに一切頼らず)
怯んだなら、見えない意志が働いていると思います。

そして、巨大集団生物の一部としてどう生きていくか考えてみると世の中の動きが良く見えるのではないでしょうか。

参考: 科学者の武田邦彦先生の「人間は集団生物である」という話

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!