正社員に転職します!

正社員に転職します!

わかったような、わからないような言葉

どこかのサイトで将来の夢か希望かを聞いていたんだと思う。
その答えに

正社員に転職します!

とうのがあった。一瞬「??????」
正社員になることって「転職」なのか?
希望の「職」や「仕事」ではなく、身分の「正社員」になることが夢なのか。
それって貴族になりたいってこととは違うよなあ。

「正社員」=安定、社会的信用があるってところを目指したいということか。
しかしなあ、そんなものはもはやなくなる。
安定はもうない。信用はまだあるようだが、それも「クレジットスコア」が普及してくれば、個人個人に「信用度」が付随してくる。もはや勤めている会社はスコアの一つの要素に過ぎなくなる。
解雇要件もどんどん緩くなっていくだろう。
安定も社会的信用も怪しいもんだ。

けど、いいんだろうねえ「正社員」
まあ、親世代、いや、同世代でも多くの人がいまだ「正社員」はいいという感覚がある。
親世代は「正社員」というと安心する。
中小の正社員と大企業での非正規・・どっちがいいと思うのか?
どっちでもいいって・・

どっちが将来性があるのか?

大企業の正社員でひたすら安定を求めている人と、ベンチャーで成り上がってやろうとしている人では、どっちが将来性があるのだろう。
もし、ベンチャーの人と思うなら、正社員がいいというのは嘘になる。
基本的に世の中の正社員というのは「大企業、中堅企業の正社員」であって、零細企業の正社員は正社員ではない・・これもわけがわからないが・・

守りに入るとやられる

対戦スポーツで弱いチームで勝つには常に攻める気持ちが必要。
なのでワンプレー差のビハインドが一番いい。
点取りにいかないといけない、積極的なプレーが求められる。
それが最高の力を発揮させるわけだ。
これが1点でもリードしてしまうと、「守れば勝てる」という欲と同時に弱気が出てしまう。相手が引けば、強い方は本領発揮。一気に大差をつけられ負けてしまう。
激変するこれからの世の中、弱い平凡な人間が守りに入れば撃沈間違いないわけである。
もう、攻めて、攻めて、攻めまくらないといけない。
「正社員」というのは「無期雇用」、ある意味ずっとそこに居続けること。
それは攻める気持ちになれない。
配水の陣じゃないが、非正規や派遣の人間は後がない、生き残るためにキャリアチェンジも必要。思い切って違うことをして、新しい武器を手に入れないと即死なのだ。

だから、「正社員に転職」しないほうがいいぞ!

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

気軽にテクノロジーを学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!