あなたの「才能・スキル」ってなんでしょう。

そう聞かれても正直困るところもありますね。
人間と言うのは得意と思っているところが他人に評価されなかったり、
逆に苦手と思っているところが認められたりします。

例えば、話好き、おしゃべり大好きな人は、
話するのが得意なので、機関銃のように話します。
話はうまいけれど、話すスピードが速すぎて聞き取れないは、
人の話は聞かないは、ですこぶる評判が悪い。

一方、文章を書くのは苦手で時間をかけて書きます。
そのため、非常に丁寧で読みやすい文章だと高評価だったりします。

こういうところも「才能」って自分では見つけにくいところかもしれません。

「才能・スキル」を考える時、どうしても今世の中にあるものを探してしまいます。
今なら「動画作成」「ドローン操縦」「プログラミング」などでしょうか。

こんなこと才能の欠片もないと思うか、才能があると思ってもライバルも多い。
そこで、未来を考えてみます。

それは今に世の中にはない「才能・スキル」です。
10年前に「動画作成」「ドローン操縦」の才能やスキルって求められていたでしょうか?

あ、そうそうビジネス的には人に求められる「才能・スキル」でなければいけません。
オナラを自由に出せる(下品!失礼)「才能・スキル」はすごいかも・・しれませんが、
ビジネスになりません(アイデア次第ではなる可能性もなきにしもあらず?)

10年後求められる「才能・スキル」ってなんでしょう。
それを考えるには10年後をイメージできてないといけません。
まあ、預言者ではないので正確にはわからないでしょう。
けれど、なんとなく思い描くものはあるかもしれません。

一つは外国人がより身近になるので、外国人とのコミュニケーションスキル。
それを身につけるには世界の歴史、文化などを学んでおく必要があるかなあとか、

あらゆるものが自動化されていく中、逆に自動化によるトラブルに対処するスキルとか。

コミュニケーションというスキル自体はいつの世も変わりませんが、やり方は変わってきます。
10年後はスマホなどではなく、直接「脳」(のチップ)でやりとりしているかもしれません。

その時、どんな才能やスキルが必要なのか。
それを今の時点で見つけられれば、10年後に向けて「才能・スキル」を磨くことができます。
そして10年後にはその分野の第一人者になれるかもしれません。

成功している人ってそれが見えているんですね。
ホリエモンがフジテレビを買収しようとした時はネットの動画配信を考えていたそうです。
当時のほとんどの人はその意味がわからなかったので、ホリエモンを攻撃していたんですが・・。

あなたも未来の「才能・スキル」を探してみてください。
もしかしたら、すごい未来が見つかるかもしれませんよ。

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール