イメージトレーニング
山口県で行方不明になっていた2歳の男の子を発見して救出したスーパーボランティアの尾畠春夫さん。

あの方は男の子が生きているイメージをしていたんだと思います。
生きていればどう行動するのか。
鮮明なイメージがあったからすぐに発見できた。

一方、警察は「死んでいる」イメージをしていたので、
沼や川の底を探していました。

こういうのって普段の自分の人生のイメージが
如実に出ているのでしょう。

尾畠春夫さんはボランティアの行動を通じて
常日頃から「きっと良くなる」「楽しい」とイメージしているんだと感じます。

逆に警察の人は「悲惨な末路」を多く見てきたので
「今回もどうせ・・ダメだろう」「やりきれない」
イメージがしみ込んでいるのかもしれません。

ふと、自分の人生のイメージってどうなんだろう?
と考えてみました。
結構、楽しい、わくわくするイメージを持っています。

それはこの講座のおかげなんです。
理想の人生にシフトするイメージトレーニング1day講座
https://startlikes.com/image-training

もし、ネガティブなイメージを持っているなら
そのイメージをわくわくするものに変えにきてくださいね。