思い込みをなくす魔法の言葉

思い込みから抜け出す2つの言葉

思い込みがあると適切な判断ができません。

特に習慣化している、慣れていることって思い込みが強くなります。

以前、車のエンジンが掛からなくなり、何をやってもウンともスンとも言わない。
お手上げになってJAFを呼ぶと、ギアがバックに入っていました。
(ギアがパーキングじゃないとエンジンはかかりません)

ギアはパーキングに入っているもんだ。という思い込みだったんですが(お恥ずかしい)、
「そんなアホな」というようなことほど思い込みやすい。
いつも、毎日、普通にギアはパーキングでした。
ゆえにそんな初歩的なミスなんてありえない。
パーキングにしているのは当たり前。
そう信じて疑わなかった。

これ結構怖いな。と実感しました。

普段していて、慣れていること。
それを疑ってみることが大切です。

それは自分以外も同じ
「私の子がそんな」
「あいつならやりかねん」

信じたいこと、決めつけ。
そういうのも「思い込み」につながります。

けれど、思い込みって思い込んでることに気が付かないですよね。

そこで思い込みを気付く「魔法の言葉」を2つ紹介します。

それは

それって本当なの?

それって(私にとって)役立つの?

です。

何か行動する時、常に自分に問いかけてみてください。

「大阪人ってなんだか怖い」そう思っているとします。

けど、それって本当なの?
→いやいや、やさしい人が多いですよ。

大阪人が怖いと思っていることって役に立つの?
→怖がっていたら、面白い人と知り合えなくなる。

「大阪人が怖い」と思っていたら、怖そうな大阪人を探してしまいます。
そしてやっぱり怖いと思い込みを強化していきます。

そして大阪人を怖がることで自分に何か役に立つのか?ということです。
まあ、嫌いな人は「下品」とかあるかもしれません。
けど、好きになった方が得だと思いませんか?
好きになれば「面白さ」とかに目が行き、
自分にも面白味が付いてきます。
自分が面白くなるチャンスでもあります。

ゆえに思い込みは知らず知らずにチャンスを失うことになります。

詳しくは澤田真由美先生の動画を見ていただければと思います。

理想の人生にシフトするイメージトレーニング1day講座

理想の人生にシフトするイメージトレーニング




才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI

デビューカフェ:NARIWAINARI 才能・個性・スキル・資格を生かして対面ビジネスを始めよう! 



個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン