寝起きに不安に襲われる

潜在的不安が襲ってくる

目が覚めると何とも言えない不安に襲われたことはないでしょうか。

仕事やお金、人間関係の不安、心配。
あまり考えないようにしていたことが急に不安で心配になって
津波のように襲ってきます。

いくら、うまくいっている、楽しいことを想像しようとしても
潜在意識は「不安不安不安」なのです。

正直、死にたくなる衝動に駆られることもあります。
「死ねば楽だ」そう思うとめっちゃ心が軽くなることもあります。
危ない、危ない。

心配や不安の9割は起こらない。
頭で考えているだけ、杞憂だと言います。

確かにそうでしょう。
けど1割は起こるんだ・・と思うわけです。

もちろん、不安や心配というのはないと危ない。
それがないと警戒や備えもなく行動してしまう。
生物的には危険です。
不安や心配、恐れがあるから行動できる。
それがないと成長できない。

けど、過剰な不安や心配は良くないですね。
良くないし、しんどい。

こういう時って、何かとうまくいかないし、
気分は落ち込むし、イライラしている。

それが悪い流れを生むこともあるので注意したいですね。

不安や心配ってふっと湧いてくる。
ある意味、ちょっと考える時間というか暇が出来ているということ。

こういう時は仕事に打ち込むこと。
考える暇もないくらい。
集中すること。
楽しむこと。

悩んでばかりいても何も解決しないですからね。

後から振り返ると、何とかなっているもんです。
大丈夫、なんとかなります。

不安・心配って漠然としていることも多い。
ここはひとつ、それを書き出してみましょう。

あー将来が不安だ、
仕事どうなっちゃうの?
借金返せるのか?
病気どうなるんだろう。

もうネガティブでいいんです。
自虐でいいんです。
恨み辛みでもいいんです。

心の内を吐き出しましょう。
こういうのは人に言いにくいところもあるので、
ひたすら書くのです。
日記を付けていたら、そこに書きまくる。

書くからには中途半端に書かない。
もう汚い言葉だろうが、情けない表現だろうが構わないのです。

書くことで多少すっきりします。
話を聞いてもらうことでちょっぴり元気になります。

そのうえで、不安や心配に思っていることが間違っているんじゃないかと振り返る。

やりたいことでもない会社の仕事だったり、
どうでもいい人間との関係だったり、
チマチマしたお金の話だったり、
していませんか。

力入れるのはそこじゃない。

自分のやりたいこと。
自分が輝けること。
自分が愉快でたまらないこと。
そこに目を向ける。

本当の成功に向かう道があるんです。
途中の些末なことに悩んでいる暇はありません。
自分の夢に集中する!
これが心配や不安を駆逐します。

大丈夫、なんとかなります。

デビューカフェ:NARIWAINARI 才能・個性・スキル・資格を生かして対面ビジネスを始めよう! 



個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン