副業禁止は守るけど、転職活動はやる

終身雇用終了~♪そして解雇規制緩和へ。
そんな流れの中、会社に頼ってばかりじゃいけないと「副業」しようかと考える人も増えてきたのではないでしょうか。

あの・・のんびり考えている場合じゃありません。副業、複業、パラレルワーク、個人で初めてビジネスをやろうと言うんです。そんなにすぐ簡単に結果がでるものではありません。今すぐ取りかからないと間に合いません。
会社をクビになってからじゃ遅いのです。

国も企業も「副業」してもいいよ~♪となっていても、うちの会社はまだ副業禁止なので出来ない。
と、言ってやらない人のなんと多い事か。
何でもそうですが、話を聞いてやる人は1%ぐらいと言われます。
みんな、結構やりません。

けど、副業禁止だから仕方がない・・そう言いますが、転職活動は結構やってますよね。
ある意味、会社からしたら「転職禁止」でしょう。
会社には転職活動しますとは言えません。ある意味副業やるよりハードです。
家で情報集めて、履歴書書いて、会社休んで面接に行くんです。
頭に中は新しい会社のことと、いつごろ、どうやって辞めようかで頭がいっぱいで仕事どころではありません。コソコソ連絡取ったり忙しい。
これはある意味、業務に支障をきたしているわけです。
バレたら、クビになるかもしれません。まあ、辞めるつもりなのでいいかって?
いやいや、それはトラブルで辞めることになるのでよろしくないですねえ。

転職活動ができるんだったら、副業もできます。
副業禁止?そんな心配は儲かってからでいいいんです。
儲からなければ、単なる趣味です。趣味に文句を言われる筋合いはありません。
無償で働いていたら、それはボランティアです。
それなら評価されるんじゃないでしょうか?
どうせ、すぐに稼げるわけではありません。
勉強して、行動して、少しずつ稼げるようになっていくのです。
だから、会社にバレるとか心配していないで始めましょう。

と言っても、やらない人はやらない。
副業をやらない理由は副業を禁止されているからではないからです。

1.副業やるなんて面倒くさい

特にやりたいこともなければ、将来の危機感もない。
横になってテレビを見ている方がよっぽど楽しい。
副業?そんな面倒くさいことしなくても生きていける。
まあ、そんな身分なら必要ないでしょうし、生き方は自由です。
副業をやる必要は全くありません。

2.副業をやる必要がない

高給サラリーマンなら、そうかもしれません。
でも、給料に不満がある、会社のやり方が気に食わない、上司や人間関係が嫌とか飲み屋で言っているなら、ちょっと考えてみたほうがいいかもしれません。
本当にやる必要がないのか?

3.副業で何をしたらいいのかわからない

副業はしたいけれど、何をしたらいいのかわからない。
そういう人は多いのではないでしょうか。
副業で何をしたらいいのかわからなければ、調べて、勉強するのみです。
勉強していれば、やりたいこと、できることが見えてきます。
それが見つかれば、あとはやるだけです。
挑戦を繰り返していくだけです。
副業、何をしたらいいかわからない人へ

4.副業する自信がない

副業に限らず、何でも最初は自信はありません。
自信は持つものではなく示すものだと言います。
ここらへんも勉強なんですが、どう何もない自分に自信を持たせるか、メンタルをどうコンスタントに保つか。
副業をやり続けてこそ自信はついてくるものだと思います。
大丈夫、心配しなくても、出来ますよ。

5.自分が無価値なことを知りたくない

人間誰しも生きているだけで価値はあります。
ここではそういう根源的なことではなく、仕事としての価値です。
どれだけ人の役に立ち、必要とされるのかです。
会社にいると、なんとなく自分は出来る気持ちになります。
特に新しいこともなく、同じことを何年もやっていれば、それなりに出来るでしょう。しかし、外の世界で自分が通用するスキルや才能はあるのか?
正直、「ない」のではないか。そんな不安がよぎります。。
自分が世の中にどんな価値を提供できるのかと聞かれても答えられません。
というか無価値なことを知りたくない。副業をやると、誰も相手にしてくれません。全く関心も寄せてもらえず、無力感を味わうことになります。
誰も関心を持ってもらえなくても、日々、価値を提供できるように頑張っていれば、徐々に関心を寄せてくれる人は現れます。
しかし、でも、知りたくない。副業しなければ、知らなくて済みます。
ここで価値を上げるか、そのまま下がっていっていいのか。
答えは自分にあります。

6.今の仕事で精一杯で副業どころではない

人手不足で過剰な業務に追われて、副業どころじゃない。
そういう人も多いと思います。
けれど、その忙しさって365日ですか?
他に全く何もできないのなら、その会社にいるのは危ないと思います。
本当に時間はないですか?
10分も?
忙しいからと言ってやらない人は、まあやりたくないだけだと思います。
忙しいというのはいい言い訳ですからね。
確かに楽じゃありません。
くたくたで出来ない時もあるでしょう。
それでもゲームは出来ていたりするわけです。
別に副業を無理やりやれというわけではありません。
けれど、それでは選択肢がなくなるということです。

副業は会社以外の選択肢を作るためにやる

終身雇用も終わり、個人も多様な理由で働き方に制限が出てきます。
育児、介護、病気、怪我、災害など何が起こるかわかりません。
状況によっては会社で働けないかもしれません。
会社員しか選択肢がなければ絶望です。
けれど、会社員以外の道を作っておけば希望があります。
副業は保険です。副業は仕事の予備です。
いざという時のための準備のひとつが副業をやることだと考えます。
そして、いざと言う時は、そんなに遠い未来ではない時にやってくるでしょう。

それでも始めないですか「副業」

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール