「差別」とは自分が不利な区別

差別とは?

最近、やたらと「差別がーーー!!」とかいうのを聞きます。
言っていること、言っている人
ピンと来ない
違和感しかない。

なんだろう。

そもそも差別ってなんだ?
区別とどう違うのか?

差別をしていない人はいない

私が違和感を覚えるのは皆なんらかの差別をしているくせに「差別するな!」と言うこと。
自分と他人は違うわけだから、そこですでに差別はあるわけです。
え、それは差別じゃなく区別だって?
そうなの?
差別と区別の違いって明確に説明できる人っているのだろうか?

「人種」の差別と区別

よく「人種差別」と言います。
けど、人種って「区別」じゃないんでしょうか。
じゃあ、差別って何か?
それは人種にとって待遇が違うこと・・・なのか?
白人専用、黒人専用にわけること・・・なのか?

じゃあ、正社員と派遣社員の待遇の違いは差別ではないのか?
正社員専用と派遣社員専用に分けることは差別ではないのか?
差別であるならそれをやっている企業って差別企業じゃないのでしょうか?

差別じゃないなら人種で待遇が違うとかって区別なのではないの?

何が差別で、何が区別かって・・実はかなり曖昧なこと。
じゃあ、何が差別で何が区別なのか?
私の考えは・・・・・

自分が不利な状態が「差別」、有利なら「区別」

私が考えるのは 自分が不利な状態が「差別」、有利なら「区別」 だということです。
黒人は待遇が悪い不利な立場だから「差別するな!」となります。
一方白人は差別しているとは言いません。
あくまでも「区別」なんです。

派遣社員は待遇とか差別されていると憤っています。
正社員はそれはあくまでも「区別」と言います。

正社員が派遣社員より待遇が良くなったら正社員が差別されていると言うでしょう。

年齢差別
年功序列の時は若者が差別されていると言います。
けど、再就職になると年配の人が差別されていると言います。

性差別
会社で女性の待遇が低ければ女性差別と言います。
レディースデイは女性差別だと言いません。
女人禁制は女性差別だと言います。
けれど男子禁制には差別と言わない。

要は
自分に取って有利な差異は「区別」
自分に取って不利な差異は「差別」
ということです。

自分の都合の良い自分に関係のない「差別」

左翼野党や人権派、活動家は「差別」が大好きです。
基本彼らは極悪な差別主義者なんですが、そういう人たちはすぐ
「差別だー!」「差別反対」と言います。
ものすごく気持ち悪いですね。
差別しまくっているのに差別が問題だという。

大して差別でもない国内のこと(朝鮮人がらみとか、保守系の政治家の発言)にはギャーギャー騒ぐのに、志那(CHINA)のウイグル人弾圧・虐殺には何も言わない。

貧乏人の味方みたいに言いながら豪邸に住む。
差別をなくしたいなら、分配するべきではないでしょうか?

マスコミも綺麗ごとばかり。

アナウンサーは容姿や出身校で差別しているやん。
自分たちを上級国民と思っているのに庶民の味方みたいに言う。
最近は東大、京大出身を自慢している馬鹿アナウンサーもいる。

自分の都合の良い自分に関係のないことを「差別」と言って飯のタネにする。
反吐が出ます。

差別を明確にした方がいい

実際は差別だらけなのに、それをあたかもないように見せている今の社会。
すごく偽善を感じる。

高学歴、国家公務員、大企業社員を一級国民
普通学歴、中小企業社員を二級国民
派遣、パート、アルバイト、零細企業社員を三級市民
資産家は貴族、ホームレスは劣民
とか規定すればいい。
心ではそう思っているんだから、現実も合わせるべき。
普通車とグリーン車じゃなく一等車、三等車とかにすればよい!

これは差別なのか?

そう上にいる人間からは「区別」
下にいけば「差別」になる。

ただ、日本は逆転できるから、どんどん差別すればいい。

就職時、年齢や家庭事情で平気で差別してるやん!
結婚では家柄で差別してるやん。

人間は他者と比較して自分を認識する生き物
そこに「差別」は存在する。
だから私は「差別がーー!」という人間は信用できない。

愚民と思っているなら愚民と呼べ!と思う。

その上でどんな差別がよくて、どんな差別がダメなのかを考えなければいけない。

確かにこれはアカンという差別はある。例えばハンセン病差別とか。

けど、それは自分が差別主義者だと認識した上でないと永遠に上辺だけの綺麗ごとで終わってしまい、本当のダメな差別を見極められなくなる。

結論

自分に取って有利な差異は「区別」
自分に取って不利な差異は「差別」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。