Career plus & natural change

canmaruさんによるイラストACからのイラスト

Career plus & natural change

キャリアチェンジを考える時、結構、いきなり転身とか考えていないですか?
いや、好きですよ、いきなり転身。
でも、正直難しいですよねえ。

トラックの運転手からITエンジニアになる!と決意しても、次の日からなれるものじゃありません。
だからって「甘い」とか言いません。なんか正論でも「甘い」と言われるとムカっとします。
いいんですよ、最初はわかんないのだから、甘い考えで。
そんなのはやっていけばわかってきます。

で、キャリアチェンジを目指して、がんばろうと思って調べてみると・・・
特に40代~のキャリアチェンジに関しては「厳しい」「難しい」「大変だ」と書いてあります。

げんなりしますね。

そんなことは百は承知していないが、薄々気が付いていましたよ、と言いたくなります。

そんな中、40代でもキャリアチェンジに成功した話もあります。
おおー、なんか出来そう!と思ったら、営業成績全国1位のエリートがヘッドハンティングで別業界に行ったような話・・

なんじゃ、そりゃ!全く参考にならないぞぉ!

「容姿は平凡、特に面白くもなく、際立った特徴もスキルもない俺には、キャリアチェンジなど関係のないことなのかぁ~」と思っちゃうわけです。
ちょっと、あきらめちゃいますよね。
ええ、すごい無力感に晒されます。「つらいなぁ~」
けどねえ、日本ってみんなが基本能力が高すぎるから、全く何もないように感じるだけなんですけどね。
読み書き・そろばん(算数ね)が標準って、実はスペック高いんです。
なので、みんな普通、普通。

とはいえ、キャリアチェンジを考えると、簡単ではないのがわかります。
特になにかよくわからない「年齢制限」がかかります。

「年齢」なんかで人を判断するって、ひどくないですか?
私は年齢なんていらんと思っているんですけどね。

いきなりキャリアチェンジするな!

けど、ネットなどで40代のキャリアチェンジが難しいというのはわかります。
なぜ、難しいか。それはいきなりキャリアチェンジするからです。

トラックの運転手からITエンジニアになる!っていきなりプログラムできないでしょう。
ちゃんと、プログラム言語を習得してからキャリアチェンジをする。
誰でもそう思うわけです。

でも、単にプログラム言語を習得するだけではキャリアチェンジに結びつきません。どんな仕事でも仕事としてやったことのみが実績として、認められるわけです。
なので、副業なりで仕事としてやっていくのです。

どうやって仕事として、やっていくのか?

とはいえ、未経験者がどうやって仕事を得ていくのか?
ここが難しいですねえ。

一つは、目指す業界の知り合いを作ることです。
そのためには、コミュニティーや団体に所属することをお勧めします。
プログラマーなら、絶対一人ぐらいいます。
その人とお友達になって、飲み代奢るから、実際の仕事の内容のことをやらしてもらい、評価してもらいます。お金は発生しませんが、本物の仕事の疑似体験ができるのは大きいです。

実は私は、こういう(疑似)仕事を練習課題にするキャリアチェンジサポートサービスを考えています。(余談)

他に無料で手伝わせてもらえるところがあれば飛び込んでいく。
そして、ある程度スキルが上がってくれば、クラウドソーシングで副業として働く。

クラウドソーシング「ランサーズ」

  

パラレルキャリアで自然にキャリアチェンジ

未経験でいきなり雇ってもらうとなると難しくても、個人で始める分にはハードルは下がります。少なくとも始めることは。
個人で仕事取る方が大変なんですけど、やっていればチャンスはあるし、ある程度仕事になって、育てることが出来たなら、自然とキャリアチェンジすることも可能です。
もっと言うと、キャリアは1つ、2つではなく、3つも4つも持っておくことです。
そうすれば、選択肢も広がるし、キャリアの相乗効果も生まれます。
なので、キャリアチェンジを目指すなら、パラレルキャリアをまずしましょう。

40代だからこそ、むちゃは出来ない。ちょっとずつキャリアを育てる。
それが一番近道だと思います。

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

気軽にテクノロジーを学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール