働き方改革は事前にどうやるか決めておく

働き方改革

働き方改革は何を目的にしているのか?

「働き方改革」という言葉も人口に膾炙するようになったが、どうも不評な気がします。
でも、この「働き方改革」がなければ、長時間労働の中、生きる屍状態の人生だったかもしれません。
少なくとも、私は長時間労働、残業は嫌でした。
だから、ワークライフバランス、ライフシフト、働き方改革、大賛成です。
ただ、運用する方の意識が低くて「働き方改革」が悪者になってしまっている。
刑務所から出所しても、娑婆じゃ生きていけなくて刑務所に戻りたい・・みたいな感じ。

そもそも、長時間労働・・会社でずっと、ずっと働いていることが、あなたの理想で夢なんですか?ということです。
もし、夢だったなら「働き方改革」なんて言ってごめんなさい・・です。
でも、ほとんどの人はそうじゃないでしょう。
自分の好きに生きたいでしょう。

「自分の時間を作る」

これが「働き方改革」の目的のひとつです。
「自分の自由な時間を作る改革」だとすれば、もうちょっと積極的なれるのではないでしょうか。

「働き方改革」を実践するためには事前に考えておく。

なーんかね、企業は国から言われたからとか言って適当に「残業削減」だけやっていればいいと思っている。だから、社員からは不満が出る。
本当は社員を含めて「どうやれば生産性を変えずに残業を減らしていくか」を考えてからやらないといけない。
「残業がなくなっても業務に支障がないか」
「残業を減らすにはこれを止めよう」
「残業代減収についてはどうするか」
などなど、問題が出てくるでしょう。

どうやったら「働き方改革」を実現できるか。
社員自ら考える。
「会議を減らす」「書類を減らす」「工程を減らす」
「取引先に理解を求める」「電話を減らす」
「資料は簡略化」「集中タイムを作る」
「生産性が同じなら、今までの残業代をプラスする」
などなど、交渉、提案などを事前にしておく。
そして、自分たちがこれならできると自分たちで決めたなら、不満は出てこないでしょう。

その準備は必要だった・・押しつけでは出来ない。

「自分の自由な時間を作る改革」を実践して将来に備える

「働き方改革」に不満たらたら言ったところで何も解決しません。
会社員だから、会社の命令は絶対でしょう。

会社の仕事をなんとか凌いで、さっさと未来へ投資しましょう。
とにかく「自分の時間」が増えたんだから、有効に利用していくことです。
勉強、勉強、自分でビジネスしていくんです。

今、会社でやっていることは、後何年でなくなるのか。ほとんどなくなってキャリアチェンジを余儀なくされるんです。
みんな、次に備えないといけない。
なくなる仕事に命を懸けても意味ないですから。

「働き方改革」をうまく利用して、次につなげられた人だけが生き残れるのです。

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

気軽にテクノロジーを学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!