副業は別腹

本業のエネルギーとは別のエネルギーが出るもの

「うちの会社は副業をやっている社員はいません。それは8時間で全てを出し尽くすから」
ワークライフバランスの重鎮がそう言っているのを聞いて「えっ!?」と思いました。

昔、聞いたのは
「うちの会社は残業している社員はいません。それは8時間で全てを出し尽くすから」 です。
これは納得するものでしたが、副業は違うやろ!
私の感覚的には「副業してこそワークライフバランスを実現できる」と思っています。
それこそ、会社の仕事だけをしていてはこの先良い人生を送りにくくなります。
大体、ワークライフバランスを実現するために残業せずに自己研鑽しようと言っていたと思うんですが、会社の仕事で全てを出し切って副業出来ないってことは、自己研鑽も家庭のことも何も出来ないってことなのか?
帰って寝るだけの人生をワークライフバランスとは言わないと思う。

もちろん、会社での仕事は全力をを出して、とても残業なんてできないぐらいやるべきでしょう。
その上での自己研鑽や家庭のことやるって、食事でいうとスイーツ、別腹ってことでしょう。
遊びは別腹だというのはわかると思います。
仕事で普通に疲れていても(過労死レベルは別の話)遊びではパワーが蘇る。
自己研鑽も別腹なら、副業だって別腹です。
故にワークライフバランスを推進する人が副業を否定的に見ていることに驚きました。
副業の選択肢もないと多様な働き方は難しいと思います。
収入になる 副業だからこそ残業せずに帰ることも出来ます。

そして、副業をやるなら本業とは別のエネルギーとなるものをやることです。
本業での疲れを癒すようなものなら最高ですね。
そういう「別腹」な副業を見つけられれば、本業が多少忙しくても続けられると思います。

別腹にするなら「遊び」に近づける

副業を「別腹」にするには、「遊び」に近いことがいいですね。
仕事にするには徹底的に遊んで、その遊びの第一人者になる。
そしてそれをビジネスの形にして提供するということです。
テレビの「マツコの不思議な世界」に出てくる人みたいな感じです。

それに報酬という成果がでれば、「別腹」感は増します。

そうやって副業をやっていると基礎パワーも上がってきます。
本業8時間でダウンしていたのに、気が付いたら帰って副業3時間やるのが普通になっていた。なんてことになってきます。
そして副業でのアイデアや経験が本業にも好影響を与え、相乗効果を高めます。
副業こそ、最強の自己研鑽だと思います。

それこそワークライフバランスです。
そして副業をやっているからこそ、タイムマネジメントもしっかりできるので、家庭のことも出来るようになります。

時間がないからこそ、短い時間で集中し、的確な計画を立てられます。

ですので副業を始めるなら「別腹」となるネタでやりましょう。
そして副業を始めることこそワークライフバランスを実現を可能とします。


起業家志望ランキング

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari

デビューカフェは披露する場所がない、店舗がない個人起業を目指す人にデビューするステージを用意して、個人ビジネスデビューをしていただくサービスです。
個人ビジネスデビュー応援団長:内橋康彦といっしょに個人ビジネスを始めましょう。

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

デビューカフェメルマガ