時間がないからこそ出来る

会社員で働いていると少なくとも1日8時間+αは会社の仕事をしていなくてはなりません。
食事に入浴、睡眠、移動などを入れると自分の時間などわずかです。
ましてや残業したらほとんど自分の時間などありません。
そんな中で副業なんて出来るのか。
出来ます。あなたが本気でやろうと思えば。

テンションが上がる

厳しい納期って、しんどいです。
でも、時間がない方がテンションが上がります。

例えば一冊の短編小説を1年後までに書けというのと、1ヶ月後に書けと言うのとではテンションが違います。
1年後って余裕があって、めちゃくちゃ書けそうですが、それがゆえにテンションが上がって来ません。結局、1ヶ月前に「ヤバイ」となって慌てて書き出すも与えられた1年を考えると1ヶ月で書く内容でいいのか?と疑問を抱き、余計に書けなくなります。
けれど、1ヶ月で書くとなると「本当に書けるのか?」と頭の中がグルグル回り始めます。
ちょっとキツいがやれる。そう判断したなら動き出せます。
そうなるとテンションは上がっています。
頭と身体、心のエネルギーが上がってきます。
物事を動かすにはこのテンションを常に高められることが大事です。
気がついたら
もうすでに書き始めているのです。

時間はありません、けれど10分、作れませんか?
一日10分でも集中すれば何か出来ます。
1000文字のブログの一本ぐらい書けるでしょう(知り合いのライター談)

無駄を省いて集中する

とはいえ10分では中々厳しいですねえ。
じゃあ、時間を作るしかありません。
時間がない中やるわけですから、不要不急なことはやめます。

短時間なので当然、集中します。
スケジュールもキッチリ作るので、無駄なく効率的且つ生産的に動けます。
スケジュールをちゃんと作っていると進捗具合もわかるし、時間もキチンと切れます。
忙しくても、休憩をちゃんと予定に入れていれば疲弊しません。

アイデアを10分で1つ出す。
知恵熱が出そうになりますが、10分だけです。
そう考えると意外と楽です。
アイデア出るまで考えるより、10分で終われます。
苦しいのは10分だけ。無理やりアイデアを出します。
これも訓練。次第に良いのが出てきます。
そして、そういうメリハリが習慣となってきます。

グダグダ悩まない

時間があるとグダグダ悩んだりします。
でも、時間がない中やっていると割りきっていくしかありません。
現在の自分の最高のパフォーマンスが出せればオッケーと考えられます。
もっと良いものが書けるんじゃないか?
そりゃ品質には上限はありません。
けど、そこで悩んでも対して品質は上がりません。
それより直感的にスパッスパッと書いた方が良いものである方が多いです。
水と同じで停滞した思考の中では良いものは生まれません。
激しく流動してこそ閃きが生まれます。

時間がないからこそ、無駄を省き、高いテンションとエネルギーを保てます。
時間がないから「えいやあ~ママよ!」と突進していけます。
時間がないからこそ、こっそり心の中で言い訳できます。「時間なかったから」

たっぷり時間があると色々出来そうですが、変に余裕があると人間、低きに流れます。ついネットサーフィンや動画視聴をしてしまいます。
そういう時に限ってめちゃ面白い連続もので、気が付いたら1日終わっていた。
なんてことになります。

でも、時間がないと、さぼらないようにネットは見ないと覚悟できたりします。
だからこそ、時間のない会社員、サラリーマンこそ副業が進むのです。
土日より平日の方が出来ます。

もう時間がないから出来ないという言い訳はやめましょう。
それを言っているとずっとできません。
世で成功している人って、会社員の何十倍も忙しいのに、成果は何十倍です。
時間のないレベルが違うんです。

ということは、あなたにも出来るということなんですよ。
やりましょう♪


起業家志望ランキング

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari

デビューカフェは個人ビジネスデビューを考えている、あなたを待っていますす。
個人ビジネスデビュー応援団長:内橋康彦といっしょに個人ビジネスコミュニティーを作っていきましょう。

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン