【時にはネガティブになっていい】

私は基本的にはネガティブでダーク(暗い)人間です。
けれど、ビジネスをする上ではやはり笑顔で明るくポジティブが有利です。

無理やりというわけではありませんが、そうであることを意識して生きています。
魔法の言葉「ありがとう」「感謝します」「ツイている」は常に唱えていますし、
ポジティブに「自分は幸せ」「「絶対成功する」などいつも自分に言い聞かせています。

嫌いな人の「良いところ」を探したり、嫌なことを良いように解釈したりします。

それは確かに運気を呼び、良い流れになります。
できれば、いつも「いいことある」「幸せ、幸せ」と思っていたいです。

しかし、人間です。仙人ならいざ知らず、
嫌いな人間の良いところ探しに、嫌なことを良いように思うことに
「偽り」を感じてしまいます。
その「偽り」が何か自分を苦しめます。それが運気を悪くしている・・・

何だろう?
気が付きました。
「偽善」というか「いい人」を演じようとしているんだと。

もちろん器が大きければ大概のことに腹は立てないし寛容になれます。
しかし、まだまだ器が小さい中、あふれる負の感情は抑えきれません。

ネガティブでいい

そんな時はいっそ、ダメダメ人間になって超ネガティブなってもいいと思います。

「自分はダメ人間だ」「自分は能力はないし、才能もない」「仕事できない」
「人から好かれない」「いいことなんて何もない、不幸だ」「あんなやつ大嫌いだ」
「こんな仕事やめてやる」「私は最低の人間です」

心の中です。もっとひどいことを言ってもいい。とことん自分を卑下して
暗い顔して、悪い波動を出しまくる。

とことんやると疲れます。そして自分を擁護しだします。
「そこまでひどくないやん」

ちょっと元気になります。

するとだんだんポジティブになれる自分が戻ってきます。

そんな私の心のデトックス。

あなたも溜め込まないように気を付けてくださいね。