悪魔に取り憑かれているのは誰だ!?

鬼滅の刃は「悪魔」ではなく「鬼」だから

母が話題になっているので「鬼滅の刃」を観に行きたいと言ってました。
しかし、高齢者が遠い映画館に行くのは一苦労なので中々行けていませんでした。
そこでうちの次男がもう一回見たいのでおばあちゃんと行くと言ってくれました。
母は大喜びです。

でも、一度も見ていない「鬼滅の刃」、高齢者にわかるのか?と不安になりました。
そこで聞いてみました。どんな話か知ってる?
すると母は

悪魔に取り憑かれた妹を助ける話やろ

 

いや・・悪魔じゃない「鬼」だから・・・
何か合ってるような間違っているような

しかし、このコロナ渦こそ人間は悪魔に取り憑かれているんじゃないのか?
と思いました。

悪魔に取り憑かれている人が広がっているので自粛

政府が「悪魔に取り憑かれている人が増えているので外出を控えてください」
と言われたら従いますか?

テレビで「今日、悪魔に取り憑かれた人は100人を超えました」
「目が合うと悪魔に取り憑かれるので決して目を合わさなように」
「外出する時はおでこにお祓い札を貼っておきましょう」
霊媒師の先生が言います。
「このままでは悪魔が蔓延する。自粛、自粛」

悪魔が怖いから仕事に行かないですか?

う~ん、今の世の中ならそうなるかも。

今のコロナ騒動って「悪魔に取り憑かれた」世の中に感じます。
デビルマンの恐怖を感じます。
デビルマンの原作ってめちゃくちゃ怖くてトラウマものです。
デビルマンでは心が弱った人間に悪魔が取り憑き悪魔になってしまうんですが、
これまた信じられないことにヒロインが悪魔に取り憑かれたと近所の人に惨殺されるんです。
この描写がまたひどい・・・

けど、現在コロナに罹ったら同じようなことになっている気がします。
これって皆、悪魔に取り憑かれているんじゃないかと思います。

昔、ヨーロッパで魔女狩りってありました。
今の我々から見たら「んな、アホな」と思うかもしれませんが、今も大して変わらないのかなと思います。

見えないものだからこそ、人は過剰に恐れるのかもしれません。

そういう意味では「鬼」もそうです。
鬼って見えないものなんです。
見えないから恐れる。
だから「魅力」とか「魂」とかって「鬼」の文字がある。

「鬼滅の刃」がヒットしているのは潜在的な感覚にマッチしてるのかもしれません。


コロナウイルスは科学技術が発展したせいで出てきたウイルス

今回のコロナウイルスって外観からはわかりません。
これ何も調べなければ単なる「風邪」だったんではないでしょうか。

画像分析で飛沫の範囲を測定したり・・・そりゃあんなん見せられたら気持ち悪くなるでしょうに。

これ・・もっと進むと、変な電波が出てるとか、ばい菌いっぱいとか言い出しかねない。
そうなるとサラリーマンNEOの「セェクシィー部長」のようにフェロモンが漏れ出さないようにビニールに包まれた格好で生活しなくてはならなくなる。
それってどうなのよ?

外に出かける人が増えたら「気のゆるみ」だとか偉そうにいう人がいるが、ゆるみじゃない、生きることなんだと思います。

仕事もなく、金もなく、楽しみもない・・・そんな人生で生きていく意味があるのだろうか?
コロナが怖いのはその感染力や症状ではなく、「社会制裁」でしょう。
マスクをみんながしなくなったら、しない人は増えるでしょう。

「コロナになったらどうするんだ!」という人がいますが、なったらなったでしゃあないやん。
病院行って治療してもらうだけです。
インフルエンザと何が違うのか?(ワクチンと言いたいのだろうが)

「走っていてコケたらどうするんだ!」と言っているのと同じ。
「病院で治療するだけ」です。

そんなに怖い、怖いというならカプセルにでも入って生きていけばいい。
コロナはそこまで恐れるものじゃないと考えます。
だって周りで罹った人は皆無だから。

もちろんこれがゾンビウイルスだったら話は別ですよ。
「28時間後」みたいに血を一滴でも浴びて、10秒後に発症して襲ってくるようなウイルスならロックダウンでしょう。
そのうちそういうウイルスも出てくるかもしれませんがね。

ああ、そういう意味ではコロナウイルスは肺の症状より心の症状がひどいのかもしれません。
それこそ悪魔に取り憑かれているとしか思えません。

今の多くの人は誰かを、何かを攻撃したくなる衝動に駆られているのではないでしょうか。

それこそ「悪魔に取り憑かれて」いるんだと思います。

そりゃね、近しい人が死ぬのはつらいです。

でも、自然に身を委ねて生きることも大切なんじゃないかと。
死ぬのは自然の摂理だし、長生きに価値はない。
正直、次の世代に命を繋げればOK。
(今年のミジンコと去年のミジンコの違いなんて気にしないのと一緒、大事なのはミジンコがいること)
この世界では役割を終えたわけです。


死ねば次の世界に行くだけだから。映画「ザ、ディスカバリー」

人生を成功している人は色んな世界を体験してきた人と言われています。
明確な記憶はないけれど、なぜか知ってるとか・・あるんでしょうね。

おっと話が逸れた。

悪魔に勝つ、鬼滅の刃

流行に便乗して・・そういまこそ「悪魔」を払わないといけません。
まさに「鬼滅の刃」なんです。
いや、「スレイヤーズ」のエルメキアランス(物理攻撃が利かない相手の精神にダメージを耐える槍だったような)

過剰な思い込み、信念、正義(正しい)、常識からの怒りを感じているなら注意が必要です。
悪魔に取り憑かれているかもしれません。

自然体で大らかに考え、生きる。
自然に身を置くのがいいですね。

どうも世の中がおかしい。
なぜ、人は自分たちが不幸になる選択をするのだろうか?

動物は懸命に生きるだけ。人も動物なのだということを忘れてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。