酒がゾンビを作る

ゾンビは日常にいた。

ゾンビのモデルは「老人」。
ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロは老人施設の庭をさまよう老人を見て、ゾンビが生まれたという。

けれど、最近の狂暴化ゾンビとかを見ていると「老人系」とは少し違っている。

私は行き交う人々をゾンビと見立てて楽しんでいるが、先日「これ、ゾンビやん」と思う対象がいた。
それは「酔っ払い」である。
泥酔している人のあの千鳥足、うつろな目、嘔吐。
まさにゾンビである。

こんな身近にゾンビがいたことに気が付かなかった自分を恥じた。
居酒屋はゾンビの巣窟だ。
時には狂暴化するところは「バイオレンス系ゾンビ」だ。
危険である。

酒を飲めばゾンビになれる

酒を飲むと「人間性」は失われ、「判断力」はなくなる。
飲めば飲むほど、ゾンビに近づく。
ゾンビになっていると言っても過言ではない。

そう考えると、飲酒運転って「ゾンビが車を運転している」のと同じわけだ。
ゾンビ映画でゾンビが車を運転しているシーンってスプラッターである。
ゾンビが車を運転しようとすると止めるだろう。
ゾンビを放置したら人を襲う恐れがあるので監視するだろう。

酒はゾンビを作り出す。
そのことを覚えておけば、人間に戻れる可能性は高くなる。
飲みすぎて、不祥事を起こせば、一生ゾンビであることを忘れてはならない。

麻薬は一生ゾンビ

酒は酔いが覚めればゾンビから人間に戻れるが、麻薬は違う。
麻薬はかなり人間性が失われる。
しかもそれから抜け出せない。
それは一生ゾンビになるということだ。

麻薬をやってしまう人は問いかけてみたらいい。
「ゾンビになりたいのか」

ゾンビは悪くない

ゾンビは本来、平和な存在なのである。
今回は「悪」に近いゾンビの話。

実は世の中、ゾンビが溢れているのかもしれない。