リーマンショックの時は7%給与減された

最近、よく聞くのは近日

リーマンショックを超える不況が来る!

うわああ、えらいこっちゃ。
リーマンショックはひとつの企業の破たんで始まった不況だが、今回は色々複合していると言う。

本当かいな・・・
よく、日本が破産するとか、中国経済が破綻するとか10年前から聞いているがそんなことにはなっていない。

とは言え、米中貿易戦争、ペルシャ湾の不安定、株の乱高下、そして円高・・
うーん、不安要素は大きい。
リーマンショックの時は、リーマンショックを理由に7%給与を減らされた。
その時思ったが、リーマンショックで会社はどんな影響を受けたのか?という疑問。
世界的不況かもしれないけれど、会社に影響がなければ給与を減らす必要はないだろう。備えというのはわかるものの。なんか便乗的な給与減を感じた。

今後、リーマンショックを超える大不況がくれば、賃下げ祭りが始まって、そのうえ税金は増えて、もう生きていられませんな。

さて、国の対応はともかく、個人としてはどうしよう。

大不況になった時の個人の対策

大不況になって、給与減やリストラの嵐が吹き荒れる中、個人としてどう対策を立てていくか。

いや~、全体的不況となると、ある意味どうしようもない。
皆が金を持っていなければ、モノ、サービスは売れない。
ただ、世界的不況だと円高になるので、お金を大目に刷るすることはできる。(キャッシュレス化している時に「刷る」ってなあ)国がそこをどうするか。というのはあるが、個人の対策ねえ。
まあ、皆が一緒に下がる分には心理的にはちょっと楽かもしれない。

しかし、仕事がなくなったとなると死活問題である。
失業者や生活困窮者が増えると、いかな温厚な日本人でも危ない考えになっていく。
極端な危ない思想が蔓延して、戦争なんてことにもなりかねない。
戦争が嫌なのは今が幸せだからであって、生きるのが苦しい人にとっては戦争でも起きてリセットしてくれないかと思うのは自然である。

歴史上、戦争というのは国民を食わしていくために起きる。
昔は報酬が土地だったから、どんどん侵略しないと褒美をあげることができなかった。
今後、石油だけでなく「水」の奪い合いも起こってくる。
だって、今から50年で30億人ぐらい人口が増えると必然的にあるところから取ろうとなる。
限られた資源、増えすぎた人口・・これ自然淘汰が起きても不思議じゃない。

おっと、話が逸れました。
個人の対応としては「耐える」しかありません。
その間に力を蓄えておく。
不況では個人のビジネスだって難しくなります。

そりゃ、不況だからこそ儲かる商売はあります。
しかし、怪しいものもいっぱい出回り、下手に手を出すと痛い目にあってしまう。

まあ、生活見直して、ミニマリストな生活、質素な生活にチェンジして大量生産大量消費を見直すきっかけになってもいいのかもしれない。

ある意味、資源のシェア。食料も燃料もミニマムでやっていくのも今後の地球を考えるとありかもしれない。
不景気も戦争も人間が強欲すぎるから起こる。
スタートレックの未来の話じゃないが、個人所有という概念をなくすぐらいの変革も必要かもしれない。

要は個人的には質素で豊かな生活を送るということ。
一汁飯でいいのである。ご飯と野菜たっぷり味噌汁だけの食事。
そして、小さな畑で野菜を作る。コメを作れるなら米を作る。
それで生きていける基盤さえあれば、不況も怖くない。

あとは優秀な人に頑張ってもらって、凡人はひっそり質素に暮らす。
盆と正月だけちょっと贅沢。
でも、いいと思うぞ。

国の助けが必要

とまあ、個人の対策なんて質素な暮らしにするしかないわけで、やっぱり国に助けてもらいたい。
もちろん、個人で生きていくのだが、そうそう自分で稼げる人はいない。しかも、すぐそこに不況があるのだから。
ここはお国に助けてもらおう。

NHKの問題や、高額スマホ料金など既得権益の整理。
NHKの補助金やめて、電波オークションで民法テレビ局から今の電波使用料の100倍(適性価)取ったりと財源を作って、それで仕事を作っていく。

仕事としては海洋資源の利用をしてほしい。
日本の海には天然ガス、石油、レアアースがごろごろ眠っているわけで、それを精製するプラントなどを作れば、たくさんの雇用を生む。自前資源を使えば日本は電気料金は十分の一とかになり、資源の輸出もできる。それってサウジアラビアなどの資源輸出国になるというもの。
税金、年金、医療のお金を全部賄えるかもしれない。
これこそ夢のような話でしょう。
けど現実にできる。なんで尖閣諸島や竹島問題があるかを考えればわかる。中国、韓国が資源があることを証明してくれている。
しかも、天然ガスに関しては日本海でメタンプルームという形でぶくぶく湧いてきているので、掘る必要もない。上にパイプをかぶせればいいだけ。

資源を得れば日本はめちゃくちゃ強くなる。
だから、外国や既得権益がやらせないんだけどね。
あっ、これをイシューに政党作ってもいいかもしれない。
だって、これ「皆が金持ちになれる改革」。
毎月100万円支給されて、税金なしになると言われたら支持するでしょう。

あー歯がゆいなあ。

個人の対策まとめ

話逸れまくりました、すんません。
大不況への個人の対策
「耐えて力を蓄える」
遊びに行くお金もないなら図書館で勉強する

「質素に生きる覚悟」
全体的に不況なので凡人には稼ぐのは難しい。
質素に生きていくこと覚悟する

「みんなが一緒に下がる」
自分だけが下がると腹が立つけれど、世界的不況だと、みんなが一緒に下がるのでいいか、と考える。

まあ、下がったら上がる時が来る。
その時に向けて準備する時と考えておきましょう!

自分の仕事を作る なりわいつくり
デビューカフェ  nariwainari

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

気軽にテクノロジーを学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール