仕事の出来ない、だめ人間を採用しよう!

優秀な人を取りに行くから来ない、向こうから来てもらう

私のような超凡人で仕事も出来る方とは言えない人間からの提案です。

企業は「仕事ができない、だめ人間を採用するべき!」

そして、その人を超優遇すべしです!

そうすれば優秀な人がどんどんやってきます。

これは間違いありません。

なんたって昔の中国の書物、「戦国策」に書いてありますから。

その格言は「まず、隗より始めよ!」です。

まず、隗より始めよ

「隗より始めよ」は政治家なんかは「自分からやり始める」ような意味合いで使っていますね。
まあ、諸説いろいろな意味はありますが、私的には

出来ない人を優遇しているのを見せて優秀な人をゲットする

意味に取っています。
この話はまあまあ長くて、色々な教えがあって面白いですが・・・
この意味合いが好きですね。

「隗より始めよ」の隗は郭(かくかい)という人で
燕の王様に「千里を走る馬を手に入れたければ死んだ馬を高値で買うことです。死んだ馬でも高値なら、千里を走る馬はもっと高値で売れると思い千里の馬を売りに来るでしょう」
「それと同じように良き人材を集めたければ、この郭(かくかい)を遇することで、あんなやつでも好待遇なら、優秀な俺はもっと待遇がいいはずと人材が押し寄せてくるでしょう」
そういって郭(かくかい)は仕事は大してできなくても給料は良く、地位も高くしてもらいました。
そして狙い通り良い人材が集まり燕の国は盛り返しました。

ですから仕事が出来ないから不採用ではいけないのです。
仕事が出来ないからこそ採用する。
そうすれば良い人材が応募していきます。

これで仕事の出来ない人も仕事にありつけてみんなハッピーになるはず。

ああ、けど燕は滅びてますがそこは気にしない、気にしない!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。