エコは人間のエゴ

どんな環境保護も所詮は人間の都合の良い環境にすること

水を綺麗にする。
何か地球環境を良くしている感じになりますが、塩素で殺菌しての水は人間に取ってはいいでしょうが、自然に取ってはどうでしょうか?

下水処理をして綺麗な水を川や海に戻す。
なんだかいいことしている気になります。

けれど、その川や海には生き物が少なくなります。
水は透き通って綺麗でしょうが、栄養がありません。
栄養は糞尿を伴う土などです。
栄養がなければプランクトンは発生しないので小魚も生きられません。
そう、川や海の生物にとっては迷惑な話です。

エコとか環境保護と言って地球のためみたいにいう人がいますが、所詮は人間のための環境保護です。
ゴキブリにとってはゴミ屋敷が良い環境ですからね。

砂漠を森に変えるのも環境破壊

「環境破壊」というと森林伐採や海の埋め立てなどを思い浮かべます。
何か悪いことなイメージです。

けれど、砂漠を森に変えたり、干上がった土地を肥えた土に変えるのも環境破壊です。
これ、どちらも人間に都合が良いように変えているだけです。

そして環境破壊は人間の都合で行われます。

森林破壊反対、緑を増やせと言いながら山を切り開いた土地に家を建てたりします。

エコという麻薬

最近はエコ、エコ(アザラク)と言っていれば「良いことしてる」感じになっています。
スーパーのレジ袋を有料にしてエコバックにすれば地球が美しくなる。

レジ袋有料化という愚策

レジ袋有料化という愚策

エコグッズを使っていれば、自然が綺麗になる。

まあ、確かに海にレジ袋やペットボトルが浮いているのは不快です。
けれど、それってゴミを適切に捨てるだけのこと。
プラスチックを使うなってことではないでしょう。

なーんかエコと言えばすべてが許されるみたいな風潮は気持ちが悪い。
まさに呪文です。

エコエコアザラク

そんなことばっかり言ってやっているから、みんな貧乏になってしまった。
これまだやるの?

本当にエコ、環境保護を考えるなら人類殲滅が一番

あらゆる環境問題は「人間の都合」です。
金儲けのための「地球温暖化」
行政の失敗の言い訳、災害は「地球温暖化」のせい
増税のための理由付けのための「地球温暖化」:炭素税

エコ、環境問題を言うなら「人間」がいなくなるのが一番。
でも、出来ません。
実は昔のヒーローものの人類滅亡を目指す悪の組織はエコな組織だったのかもしれません。

エコエコと言いう人もエアコンを付けて快適に暮らします。
車で移動、スマホも使う。
ご飯も食べ残す。過剰に食う。
テレビでは「1位を当てるまで不要に食べ続けたり」「グルメレポート」で一口食べて捨てる。

食べ物を無駄なく食べていますか?
大根の葉まで食べていますか?
魚の頭も食べていますか?

人間は普通に生きていても、全然エコじゃありません。

普段の生活から「もったいない」精神で生きていくとかしないと本当のエコじゃないと思います。

近く、食糧危機(食料価格高騰)になります。
足りなくなることで本当のエコに目覚めるかもしれません。

私はエコがダメと言ってないですよ。
エコが間違って使われている気がします。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です