経済を回す、今こそ500円札を復活を願う

五百円札が日本を救う

世の中、超不景気です。
そんな中でもお年玉やらなんやらお金が必要です。
お金は増えなくても、増えた気分になれるのが

五百円札の復活

だと思います。
今は電子のお金だ!と言われますが、電子のお金だとやりにくいものってあると思うんです。

その一つが「お年玉」

これ電子で送るという話がありますが、3000円とか電子的に見ると
なーんか少なく感じます。
なんか送金履歴とか残るのも嫌ですね。

これ五百円札があれば札6枚です。
なんかボリュームがあります。
同じ3000円なんですが、心理的に「多い」気持ちになります。
もっと言えば100円札があれば30枚。
札束が出来ます。

子供に軽いお小遣いをあげる時も千円はつらいけど五百円ならなんとかと言う場合、
硬貨ではしょぼく映りますが札ならそれなりに映えます。

電子的残高は便利ではありますが、心理的にお金が多く見えません。
実物の現金は衛生的なことや持ち運びが不便という面はありますが、今は逆に必要だと思います。
見かけだけでも「お金が多い」と思えれば、深層心理で「お金を持っている」と思えて、それが本当にお金が増える流れを作でしょう。

チップは札がいい 五百円札はちょうどいい

苦境にある飲食店などを応援するひとつの方法としてチップがいいと思っています。
しかし、硬貨ってちょっと渡しづらい。
かと言って千円は貧乏人にはつらい。
けど五百円ならいけるところはあると思うんです。
もっと言えば百円札があれば少額でも渡しやすい。
一時間に一人から百円のチップをもらえれば、時給100円アップです。
これ昇給とかと比べても大きいです。

さらに言えば、大きな額が入る時もあります。
バーンと万札出す人もいるでしょう。
それを狙えば、必然的にサービス・愛想は良くなります。
サービスが良ければリピート客も増えます。

いくら貧乏でも百円、二百円なら応援しようという気持ちになります。

けど、チップも慣れると危険ではあります。
くれないとマイナスな感情が働くとか・・・
そこが人間の難しいところ。

とは言え、飲み代の一割ぐらいのチップが払える収入を皆が得られる世の中にすることが大切だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。