休めない、命よりお金の世の中、ウイルスで死ぬか金欠で死ぬか! 

新型コロナを含むインフルなどが疑われるなら皆休めるように

有休もない、時給で働いている人に2週間自宅待機というのは死ねと言っているようなもの。
人にウイルスをうつすかもしれないけれど、怪しくても黙って仕事に行ってしまいます。

この非常事態、これ以上感染を広げないためには、個人の休業補償をしてあげないと休めません。
逆に休業補償してくれれば休みます。
いいじゃないですか、たまにはお休み。

政府はお金使うところじゃないでしょうか。

パートやアルバイトといった働き方は倒れたら終わり。
非常に危うい気がします。
それはフリーランスや個人事業主も同じ。

そういう意味では会社員は恵まれていると思います。

けど、そろそろ会社員以外にも目を向けていかないと。

例えば「有休消化」しないといけない話がありますが、会社員以外にも年5日休業補償を付けてもいいんじゃないでしょうか。

今後、会社員は減ってきます。
個人事業主として契約することになった時、休業補償:有休があれば安心ですよねえ。
財源は全国民一律100円とか徴収したらいいのではないでしょうか?

副業が生きる道

しかし、強制的に2週間休まされ外にも出られないとなると、やはり在宅の副業の重要性が問われます。
休みになったら仕方ありません。
代わりに家でバリバリ仕事をする。
アウトソーシングやら色々な副業がありますからね。

それ休みに入ってから始めようと思っても、準備している間にお休み終了です。

即、始められるように普段から少しずつやっておくことが肝要です。

やっぱりベーシックインカム?

今回のウイルスのパニックは今後も起こります。
地震や台風などの災害も避けられません。

その時、困るのが職場を失い糧を得られないこと。

そういう意味では備えとしてベーシックインカムが有用じゃないでしょうか。

最低限の生活費は確保されるのですから、何かあった時も安心です。
贅沢はできないけれど、明日食べるものもないという状況からは抜け出せます。

うん、これからの困難な時代を考えるとベーシックインカム、いいかもしれません。

まあ、とにかくあらゆる人が有休を取れて初めて「休め」と命令できると思います。

クラウドソーシング副業を始めるなら ネット副業サポートサービス【コンセント】

自分の仕事を作って副業を始めたいなら 
なりわいつくり【デビューカフェ】

なりわいつくりデビューカフェ

個人ビジネス・副業情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

これから役立つテクノロジーを気軽に学び、体験する!
テクノロジーコミュニティ関西(テクノロ関西)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です