MBAがいけないのか?マーケティングを学びに行ったが・・

受講者とマッチしていないマーケティングセミナー

超初心者のマーケティングセミナーへ行ってきました。
初心、基本が大事なのでタイトルだけ見て申し込みました。

その後プロフィールなどみるとMBAを取った先生でした。
MBAか、すごいんだろうが・・少し危ない気がしました。

対象者は
・起業を考えている人
・経営者の考えを身に付けたい人
・マーケティングの重要さや面白さを知りたい人

です。まあ、当てはまるような、当てはまらないような。
けど、受講者で起業したい人がいれば繋がっておきたいかな・・と

得られる効果は
・無策による失敗の確率が下がる。
・経営者が何を考えているのかがわかる。
・マーケティングの面白さ、重要性がわかる。

むうーピンと来ないというのが正直なところ。

でも、何か学ぶところはあるだろうと行きました。

行くと大きな部屋ではなく、隣の小部屋。
大盛況ですし詰めでした。

受講生は大半が先生の知り合いのようで
恐ろしくアウェイな感じ。
(しかも波動が合わない・・)

先生はシュッとしていてダンディでした。

今日はマーケティングの第1歩
基礎中の基礎。しかし一番重要な話をします。
とのことでした。

さすがはMBAを勉強なさってこられたのでしょう。
色んな言葉が出てきます。

アンゾフのマトリックス
PEST分析
5FORCES
3C
STP
ペルソナ
4P
4C
DMU
KBF
KSF

もちろん、ここでは言葉だけ頭の片隅に置いておく程度でいいと言われました。
3C、STPだけ詳しくやりました。

すごく色々なことがあって、これらを使って分析とか施策作りをしないといけないかな。
と思いました。

ただ、他の受講者の方が言っていたんですが、
(その方は経営者の方で男と思っていたら女性だった衝撃の人です)
言葉だけなら私もマーケティングの本で見たことがあります。
他のセミナーでも習いました。

でも、自分に、自分のビジネスにどう落とし込むか。
言ってしまえば、それがどう集客に結び付いて儲かるか。
実践できるかを求めているんですね。

私もそうでしたので、すごく共感しました。

先生は「今日は初歩の初歩、第一歩なのでね」
「実践するのは人と金のこともやっていかないといけない」
それは次回以降ということでした。

けど、それならそうともっと明確に絞らないといけないのでは?
と思いました。

明確に絞ることがマーケティングでは大事、それを伝える言葉が重要とその講座で学びました。
言ってることとやっていることの整合性、一貫性が大事だと教えてもらいました。
知識としての学びは多くありました。
しかし、求めているのは「集客」出来て、儲けるためのヒントが欲しかったんです。

先生のプロフィール
MBAに加え、
各種資格
・宅地建物取引主任者試験合格者
・日商簿記検定2級
・ビジネス実務法務
・上級ウェブ解析士
・ブランディングマネジャー

すごい、すばらしいのですが、マーケティングに絞れているのだろうか?

そして、セミナーでマーケティングを学びに来る人間って、
個人事業主、フリーランスなど個人ビジネスしている人が多いだろうと予想できます。

最初にどんな人が来ているのか聞かないと話の軸が定まりません。
大企業のマーケティングの話をされても、個人ではそんなリサーチとか出来ない。

そうじゃない、個人が今から出来る視点、行動を知りたかった。
ほんの一つで良かったんですが。

要は使えない知識に価値はないんです。
資源がない個人企業家は実践できる知識を教えて欲しかったんです。

そりゃ、3000円のセミナーなんで文句は言えませんよ。
ただ、MBAを持っておられるので、すごい知識をお持ちなのもわかります。
けれど、ちょっとだけ受講者の傾向というか、ニーズを汲んでくれたらよかったのにと思いました。

まあ、私が偉そうに言える立場じゃないですけどね。

けど、MBAを学んだゆえに、やはり理屈、理論が先行してしまうのかもしれません。
これは自分にも当てはまることなので肝に銘じておきたいと思いました。

いやいや、セミナーの内容はすごくいいものだったんですよ。
ただ、ターゲットがずれていたのが残念に思えたので・・

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン

Follow me!