今こそ「年齢」を無くせ!進学・就職の問題を考える

9月入学にすれば解決するのか?

長い休校の解決策として「9月入学」案が支持されているようですが、私は支持しません。
9月入学にしたって、来年ゾンビが発生したらまた別の入学月を考えないといけません。

今後、未曾有の災害、厄災を考えたら中途半端な対応だと映ります。
これ、学校だけじゃなく、就職なども影響します。

とにかく期日が決まっているのが問題。

そこにある根本が「年齢」というパラメーター。

「年齢」を無くす

「年齢」という何年生きたという人間の作ったパラメーターを参考にするのはいいでしょう。
けれど、学生は何歳じゃないといけない、就職は何歳じゃないといけないというのはすごい弊害を感じます。

何歳でもいい。

年齢関係なし、何年学生していてもいい。

自分のペースで勉強したらいい。

そうなると今の常識、考えを根本から変えないといけません。

さて、それが出来るのか?

けど、女性的にはいいですよね。
年齢詐称とかしなくていいんだから。
そんな、言うのが嫌な数字なんていらないと思うんです。

今後、サイボーグとかになったら年齢に意味があるのでしょうか?

10年かかる神拳寺の修行を1ヵ月で終えた江田島平八
高校3年生を何十年もやっている大豪院邪気
(魁 男塾より)

人によって生きるペースは違います。
それでいいんじゃないかと思うんです。

中学までは期間設定してもいいとは思うんですが、高校以降は留年だってあるわけだから好きなペースでいいと思うんです。

就職だって、働きたくなったら働くでいいと思うんです。
何歳から就職したっていいわけです。
その時、判断されるのは「年齢」ではなく「能力」・・それだけです。

入試や就職は随時できるようにする

寒くて、風邪を引きやすい冬に受験している現在。
これ結構ひどいと思っていました。

大体、年1回ってすごく不便だし、そこでダメだったら絶望というのもおかしいでしょう。
それじゃ失敗できない人生になります。

資格試験みたいに、いついつに第何回試験という形で複数回やればいいでしょう。
試験問題作るのが大変というけれど、試験回数が多くなれば収入が増えるので悪くないと思います。
受験生も自分でターゲットになる試験日を決められるし、コロナ渦みたいなことがあればズラすだけです。
授業も2期、3期ターンで複数あれば、自分の良いと思ったターンで授業も受けられます。
もちろんどう回すか、経営するかも考えないといけませんがね。

それと大学なんかは入学より卒業を難しくすれば、入試自体は最低限の内容でいけるんじゃないでしょうか。
そうすれば「東大中退」とかいう意味不明の履歴もなくなるでしょう。

「年齢」いりますか?

さて、皆さんは「年齢」って必要ですか?
年金支給とかにいる?
そこも年齢じゃないと思います。
身体・精神的パフォーマンスで図るべきではないでしょうか。

年齢なんかあくまでも誰かが決めた基準値です。
アフリカの少数民族などは違う年齢のカウントをしているし、生まれた日を把握していなければ何歳かわかりません。
もし、誰も自分の生まれた年を知らなければ自分が何歳かわからないと思うんです。
自分が30歳だと思っていて、実は戸籍の数値間違っていました。
プラス10してくださいと言われたら、40歳として生きていけるのか?
と同時にその年齢って意味があるのか?と思うでしょう。

何歳以上、未満・・そういう制限って人間を不自由にしてると思うんです。
「9月入学」も15歳で高校生とか決められているゆえの発想。

同年齢じゃないと友達出来ない?いらんでしょう。
いや、同じ時期に学んだ人間と友達になればいい。
年齢関係なければ問題ありません。
大学とか社会人はそうでしょう。

でも、「年齢」を無くすことに耐えられる人は少ないか・・

「40歳にもなってxx」とかってなくなるんですけどねえ。

どうでしょう?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です