小説を書きたい、小説が書けない、小説を書くために

私は小説を書きたい、書きたいと・・思っていますが、中々筆が進みません。
けど書きたい。

そこでどうやってら書けるのか。
考えて実行してみようと思います。

書きたいところ、書きたいシーン、思いついたところから書いていく!

書きたいところ、いいアイデアが思いついたシーン、とにかく書けるところから書いていく。
まずは筆を動かす。

毎日書く!

毎日、1行でも書いていく。
書くことを習慣とする。

文章の良しあし、表現、つながりなどは考慮せず書く

書けないのは上手く書けないから。
うまくできないと嫌になります。
最初から上手くは書けません。
だから、文章の出来は気にせず書く。
とにかく書くこと。

ある程度書いたらまとめる

とにかく書く行為を続けてある程度書くことによって、

スイッチ

を入れることがポイントです。

極端な話、スイッチが入るまではクソみたいな出来でもいいわけです。

スイッチが入ればどんどん執筆が進むでしょうし、質もよくなるだろうと思っています。

ということでこれでやってみよう!

見せ方も考える

さて、どんなに面白い小説を書けたとしても、間違いなく誰も読んでくれません。
ブログやSNSで告知しても誰も見向きもしないでしょう。

ただ、ただ文章があるだけでは読まれません。

では、どうするか?
文章を書くだけで手一杯の人間が動画にもできない・・
もっと手軽で見てもらえる方法を考える必要もありますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です