人生100年時代に向けた、次のステージへ

これからの時代、多くの人が100歳まで生きるようになると言われています。
昭和の時代は60歳定年。
平成では65歳~70歳。
そして新時代は定年はないと言ってもいいかもしれません。

個人はどんどん長生きになってきますが、
逆に企業の寿命はどんどん短くなってきます。

もはや就職した会社に一生お世話になるなんてことはなくなる、
否、すでになくなっています。

技術の入れ替わりのスピードも恐ろしいほどです。
スキルの寿命もどんどん短くなってきています。

そうなると時代、時代に適応できる働き方をしていく必要があります。
そのひとつが個人ビジネスだと思います。

個人でビジネスをやろうと思うと、多くの最新またはこれからの情報を
集めてそれに対応したやり方に自然になります。
個人だから小回りもいい。

会社で嫌な仕事という人生から
個人で楽しい仕事という人生に
いまこそライフシフトしていく時です。

一気にシフトしようと思うと大変です。

ゆっくり、じっくりシフトしていきましょう。

内橋康彦の個人ビジネスデビュープロデュース