自分のためだけに働こう
副業しよう

会社に尽くしても将来の保証はない

年功序列、終身雇用の時代には最後まで面倒みる代わりに愛社精神を持つことを求められました。
会社のためなら個人の犠牲も やむを得ない
そうやって多くの犠牲を払って歩んできた人生はそれはそれで立派なことだと思います。

けれど、エキサイティングでパッションなワクワク、ドキドキな人生だったかというとどうでしょう。
また、その人生を生きたいと思いますか?

今はいつリストラされてもおかしくないし、将来の保障もありません。
その会社で一生懸命尽くしても、報われなくなります。

今の仕事が将来に結び付くのか?
全く結びつかないローカル技術やオールド技術を懸命に習得して、会社のためにやってきたのにリストラ。
他ではまったく使えないスキルしかないので、職を探すのも難しくなります。
けれど、それは個人だけの責任なのでしょうか。
会社のためにローカルスキルを磨いて頑張ってきたのに・・

転職できない状態になっていても企業はなんら保障してくれません。

会社のために働かなくていい

将来に何の保証もしてくれない、辞めたら知らん。
そんな会社の犠牲になる必要はありません。
だったら、もう自分のことだけ考えて働く。

とはいえ手を抜くのではなく全力でやるんですよ仕事は。
ただ、自分にプラスになっていることを見出し、プラスに働くようにやっていく。
意識の問題です。
何も考えずルーティンでやっていたことを、自分に役立つところを見つけて磨く。

生産性を上げて時間を作り、自分に役立つ他のことをする。
例えば、業務改善の企画を作ってみるとか、新商品のアイデアを考えてみるとかです。

全ての行動を「自分のため」を意識してやれば、やる気もでます。
結果的に仕事の成果も出てきます。

飲み会は有益と思えば行けばいいし、無益と思えば行かなくていい。
要はそれが自分にとってプラスになるかマイナスになるかを自分で判断して動いていくことです。
会社の飲み会が良い、悪いではなく、自分がどうしたいかで行動するんです。

決して自分勝手ではない

自分のためだけに働くといっても自分勝手というわけではありません。
ただ、会社のためだけに働くのは人生が好転しません。
自分の目的にコミットさせて働く。
コミットしていないなら、どうコミットさせるか、コミットできる仕事を探すかしかありません。

別のスキルを学びたい(勉強したい)なら、会社のために残業する必要はないということです。
この仕事を取れば将来の実績になるならというなら残業してもいいのです。

要は漠然と仕事をしないこと。
でも、明確な指針がないのなら、まずは「自分のためだけに働いてみる」意識を持てば、何をして、何をしないかが見えてきます。

だから、自分のためだけに働いていいんですよ。

起業家志望ランキング

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ NARIWAINARI
https://startlikes.com/nariwainari

デビューカフェは披露する場所がない、店舗がない個人起業を目指す人にデビューするステージを用意して、個人ビジネスデビューをしていただくサービスです。
個人ビジネスデビュー応援団長:内橋康彦といっしょに個人ビジネスコミュニティーを作っていきましょう。

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン