自分を棚に上げるべし

あんたに言われたくはないけれど

普段、挨拶しない人から「ちゃんと挨拶しろ」とか
いつも遅刻してくる人から「遅刻するな」と言われたら、

「お前には言われたくない!」
と憤るでしょう。

けれど、言っていることは正しい。
聞きたくないのは感情論です。

逆に、注意する時は自分はちゃんと出来ているか考えます。
ちゃんと出来ていると自信を持って強気でいけますが、
自分が出来ていないことを言うのは難しい。

けどね、人間出来ていないことって結構あると思うんです。
気付いてないけれど出来ていないこととか。

それで、人にものを言えないと思うと、何も言えなくなります。
そりゃ、あまりにも自分が出来ていないことは反発を買いますよ。
でも、ちょっとぐらいなら気にせず「自分を棚に上げて」言うんです。

自分は出来ないけれど、それが最善だと思ったら言うんです。
スポーツ選手のコーチって自分は世界記録を出せないけれど、選手には「世界記録を出せ!」と言うんです。
自分を棚に上げて言うなと言われたら。「10位ぐらいでいいよ」とかしか言えません。

ビジネスも自分を棚に上げてやる

ビジネスでも、自分は出来ないけれど、あなたはこれをやればうまくいくという確信があれば「自分を棚に上げて」言うんです。
自分が3日坊主でも、お客さんがうまく行くためには「継続は大事」と言うんです。
だって、個々の能力は違うわけですから、その人に合った提案をすれば、おのずと「自分を棚に上げる」こともあるでしょう。

もちろん、何でも棚に上げれるわけではありません。
「悪口」や「ウソ」「騙し」などは棚には上げられません。
でも、話が苦手や笑顔になれないとかなら「棚に上げて」アドバイスしましょう。

自分を棚に上げられれば、ちょっと自信を持ってビジネスを始められるはずです。

才能・個性・資格・スキルを業(なりわい)にする
デビューカフェ  nariwainari

個人ビジネスデビュー無料相談

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!
デビューカフェメルマガ(無料)

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール