死にたい詐欺で生きていく

これからどう生きていこうか!?

良く生きる

コロナ渦でなんか人生考えちゃいますよねえ。
仕事ってなんなのか?
社会ってなんなのか?
生きるってなんなのか?

未来、将来を考えると生きるのしんどいですねえ。
私は長生きすることにあまり価値を感じていません。
昔ならそろそろ死ぬ年齢ですからね。
あーもう終わりだ~気楽だ~と思います。
まあ、明日死ぬのかもしれませんが、意外と長く生きるかもしれません。

こんなこと書くと怒られますが、生活苦や病苦で生きている人間にとっては楽に死ぬ方法がないかを探してしまいます。
もし、コロナが静かに眠るように確実に殺してくれるなら、羅漢したいと思う人もいるでしょう。
わたしは自らを終わらせることを勧めません。
でも、否定もしません。
だって、どう考えても生きる方がしんどいこともある。
それを乗り越えても、またしんどい。
死んだらどうなるのかはわかりませんが、たぶん「無」です。
苦しみはありません。終わりです。
でも、楽しみも終わり。
死にたくない人はある意味幸せなんだろうと思います。
ああ、なんか危ない話になってきたぞ。

死にたい、死にたいと思っていても、本当に死にそうになったら生きたくなる・・かもしれません。
漫画「カイジ」での高層ビルの間の鉄柱を歩く命をかけたゲーム。
あれで挑戦者達は「生きたい」と慟哭します。
ちょっと河川の橋の手すりを歩くなり、日本海の岩場とかちょっと間違ったら死ぬ。
そんなところに出かけていくのもいいかもしれません。え、出かけるなって?
真っ暗な森を歩くのもいいでしょう。
死んでもいいと思っていても怖い。
怖いということは、まだ生きたいということです。
まだ、生きたいのかな?と気づくことも大切です。

まあ、私はよく死にたい死にたいと思う人間なんですが、ビビりなのでそうしません。
というか、これはひとつの処世術なんです。
正直、マジマジで死にたい人は「死にたい」とか言いません。
私は自分に「死にたい」詐欺をしたいだけです。

まあ、いつでも「天に召される」と思うことで気を楽にしてるだけなんですがね。

ああ、なんか今回書こうとしていたこととは違うくなってしまった。

日本人は真面目過ぎるのかもしれません。
働かなくても、借金返さなくてもいいのかもしれません。
ある意味、そういう人が増えたら世の中結構楽になるかもです。

まあ、「明日になったら死のう」と毎日言いながら生き続ける・・・
そのうち、良いこともあるかもしれません。あるとは言いません。

まあ、なんのこっちゃですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です