外国の店員さんに「あいつらの日本語わからん」「日本語喋れればいいってもんじゃない」という日本語喋れない日本人

外国の店員さんに「あいつらの日本わからん」「日本語喋れればいいもんじゃない」という日本語喋れない日本人

外国人の店員さん

大阪本町のマクド靱本町店は外国の店員さんが多い。
ちなみに谷町四丁目店は高齢者とワケアリの人が多かった。

店員さんはすごく丁寧で好感が持てます。頑張れ~!

店員さんは悪くない

会社員のおっさんが朝マックのセットを机に置いて座っていた。
そこへ同じセットを頼んで待ち札を持ってきた男が来た。

←待ち札、これね。なんか結構テクノロらしい。

待ち札を置いて男はトイレに行った。

そこへ外国の店員さんが通りかかった。
店員さんはおっさんが一人で座っていて、机にはセットが置いてあるのに待ち札も置いてある。
これは待ち札の回収を忘れたと思うのは当然のこと。

「失礼しました」と丁寧に札を回収する店員さん。
おっさんはスマホ見ながら「ああ」と言うだけ。
その3秒後に同僚の待ち札とわかり店員さんを追いかけて待ち札を回収。

そこへ男が戻ってきておっさんが事の成り行きを説明。

この説明が何を言っているのかわからなかった。
ちゃんと説明しろ。

すると同僚の男が

あいつらの日本語わからん

「日本語喋れればいいってもんじゃない」とか言い出した。

「あいつら」って言い方にムカッときました。
何様なんコイツら?
正直、下品だが「死ね」と思いました。

大体、お前らの日本語の方がわからん。

いつ、自分が外国で働くかわからない

こういう人間というのはずっと日本語だけで生きていけると思っているんだろう。

そんなのわからない。日本沈没で外国に住むことになるかもしれない。
上手く話せない言葉の世界で生きていくのは大変である。
自分が逆の立場ならどうなのか?想像力が足らなさすぎるだろう。
自分が逆だったら・・そう思えば優しくなれるぞ、絶対。

これは会社なども同じ。
長くいて慣れているから出来るだけであって、基本的能力が高いわけではない。
それなのに新しく入った人に偉そうにする。
けど、自分が新人になった時を考えれば、丁寧に接して上げられると思う。

ちょっと気分が悪い出来事だったが、ここに記しておく。
自分も弱い立場を忘れないように・・・

自分の仕事を作って副業を始めたいなら 
なりわいつくり【デビューカフェ】

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。