裏で資料やプログラムを作られていて、自分の苦労が意味のないものなってしまった!

苦労して作ったのに

裏で作られていた時

プログラマーになったばかりのころ、頼まれたプログラムを苦労して作ったら、裏で先輩が完璧なやつを作っていてそれが採用されるということがありました。
まあ、それは研修みたいなものだし、プログラムに自信もなかったのでショックではありませんでした。

ベテランになってCOBOLからjavaへのコンバート案件。
COBOLERの私はjava,SQLはそんなに明るくない平凡レベル、しかも業務をわかっていないところもあり苦戦しながら4ヶ月ぐらい休日出勤、残業としながら95%作り上げました。
しかし、うまくいかない5%に苦悩していた中、プロパーの優秀な方にも手伝ってもらっていました。
その方がでデータの整合性を確認するための高度なSQLを作っていて、それが100%の出来で納期も近いこともあってそのSQLが採用されました。
納期に間に合うし、業務を知っている優秀な人の作ったものですので安心。
今後何かあっても自分の責任にはならないし大歓迎です。

ですが、今まで必死で作ったプログラムは意味のない無駄なものになってしまいました。
これは少し、いやかなりショックなところがあります。
全く役に立っていない、無駄無駄人間やん。
会社に対して「ものすごく申し訳ない」想いでいっぱいです。

何か情けなくなってきました。

まあ、それでいいって言うんだからいいんですよ。

自分的にはめっちゃ勉強になったし、知識もスキルもアップして得たものは非常に大きい。

でも、なんか肩身が狭い。

落ち込んでました。
が・・・何人かに愚痴ると慰め励ましてくれました。

まあ、そういうこともあるさ。

出来る人がやるとあっさりやっちゃうもの。
凡人は辛いね。

ははは、ツイてる、得した!
そう考えとこ。

愚痴でした(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。