苦労は役に立たない

苦労すれば良い人間になるの嘘

世の中「苦労した人間」を評価します。
日本人は苦労話が好きですからねえ。

けれど、苦労した人間は良い人間になるのか?
苦労すれば役に立つのか?
苦労は今後の人生の糧になるのか?

それは

わかりません!

ただ、苦労ばかりでは良いことは起こりませんし、人間は歪みます。

北斗の拳のサウザーなど非常な悪役は昔、悲惨な目に合い苦労をしています。
ひどい犯罪を犯す人間。
ダークサイドに落ちた人。
苦労して尚、地獄だったりします。

そう、人間にとって苦労は害でしかありません。

だから皆、苦労しないように勉強したり頑張って苦労するわけです。

単に苦労、苦しみ、悲しみは全く人間の役には立ちません。

なぜ、苦労話は美徳になるのか?

けれど、世の中には涙モノの苦労話もあります。

なんで苦労話に感動するのか?
それは

最終的に成功しているから

そう、苦労が良いと言われるのは最終的に「成功」した場合だけです。

刑務所に投獄されても、そこから生還してビジネスを成功させた!となるとあの苦労があったから成功したという話になります。

もし、刑務所でリンチにあって死んだら、刑務所での苦労は無意味です。

苦労したら「その苦しみがわかる」し「やさしく」なれるかもしれません。
けど、それも全て活かす場面があってこそです。

人の悩み相談、カウンセリングする時や、仕事で人と接する時に上手くやれる可能性はあがります。
けれど、いくら苦しみがわかっても、自分ひとりしかその苦しみを知らなければ、誰にも伝えられなければ、その苦労に価値はありません。

その苦労が将来役に立つと言っていいのは本人だけ

夏の甲子園が中止になりました。
テレビのコメンテーターは「そのくやしさはきっと将来役立つ」と言います。
けど、今年死んだら、なんの役にも立ちません。
本当に役に立つのかもわかりません。
むしろ恨みに思って将来高野連のじじい達に復讐に走るかもしれません。

将来、成功するか、正当性を保つか、同情してもらうか・・
以外に将来、この無念さが役に立つなんてことはないでしょう。
今やらなきゃ、一生出来ない!

そう、中途半端な言葉なんかかけるなと言いたい。
本気で甲子園を目指していた球児以外に気持ちなどわかるはずもないのである。

唯一「将来の糧になる」と言えるのは本人だけ。

絶対にこのことをネタにして成功してやる!

そういう野望を持った時にこそ役に立つでしょう。
うん、このネタは一生使えると思います。

一生なんの苦労もなく生きていくのが最高

何の苦労もしていないと非難されますが、ダメですか。
人生終わりまで、何の苦労もなく、嫌なこともなく人生を終える。
最高です。

それが非難されるのは途中で苦労してしまうから・・

そして苦労している人のヒガミもあるでしょう。

けれど、大概の人は何の苦労もしたくないと思っているはず。

苦労何てしなくていいんです。

でも、そんなことは難しい。

そうですねえ。
じゃあ、苦労を苦労と思わないようにしていくしかありません。

辛いことはネタ。
マゾ的に受ける。
あと、人生は短くね。

活用できてこそ苦労は生きる

奴隷になって初めて奴隷の気持ちがわかるように、苦労は人間を広げて大きくする力があると思います。
でも、それは活かしてこそです。

しかも苦労の質もあります。
やっぱり、良い苦労。例えば新しいことに挑戦するとか。

悪いことしての苦労はダメ。まあ、それも活かせれば・・・です。

要は

自分や周りの人、社会、世界、宇宙に活かせない

苦労は役に立たない、無意味なものです。

自分の仕事を作って副業を始めたいなら 
なりわいつくり【デビューカフェ】

デビューカフェオーナー内橋康彦プロフィール

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です