50代大企業いたれりつくせりハッピーライフ

大企業いたれりつくせり

大企業はすごいね!

「日経ビジネス」の50代特集で「50代をなんとかしよう」という施策。
これって全て大企業のお話。
大企業に勤める人のための話。
すごいですねえ。さすが大企業です。
世の中の人ってみんな大企業に勤めてるんでしょうかね?

「年齢主義を廃止すれば、そもそも50代問題は起きなくなる」とカゴメの人が言っていました。
激しく同意します。
ただ、それは社内での成果評価の話で採用は違うんでしょうね。

ソニーは「社内兼業」を認めて「キャリアプラス」を実施しているそうです。
50代に新しいキャリアを構築できるようにしてくれるんですね。素晴らしいです。

サントリーなんか居場所に困った50代にために新しい仕事やポストを作るそうです。
驚愕ですね。まるで餌を待つ雛みたいです。さすがは大企業、度量が違いますねえ。

役職定年ショックという謎の現象

大企業の共通項として出てきているのが「役職定年ショック」というもの?

一体なんだ?それ。

どうも、

限られたポストになれないことが確定して、昇進が望めずやる気をなくす

ことらしい・・ふーん。

で出世している同僚に飲み会で「出世して給料高いんだから奢れ」とか言ってくるらしいです。
妬み、僻みですかね。

でも、同じ職場にあなたよりかなり低い給料の非正規の人とかいるのを忘れていませんか。
その理屈から言えば、お前も非正規の人に奢れ!と言いたくなります。

「役職定年ショック」ってなんやねん。
オナニーみたいなショックやな。

役職なくてショックで内に籠ってるってことでしょう。
ショックで悔しいなら、「部長や課長なんてせこい役職何ていらん、俺は社長やる」でいいじゃないですか。
恐らくは優秀な方なんでしょうから、出来ます社長!

中小零細、派遣社員は全く心配してもらえません

大企業の50代への手厚い対応は称賛に値します。
さすがです。すべての企業がこういう方向に向かえばいいですね。

中小零細企業、派遣社員は心配なんてしてもらえません。
労働者の味方「労働組合」も非正規社員には敵みたいなものです。

まあ、私は「労働組合」って見たことないので、あれって必要なのか疑問です。
日本を貶める野党の黒幕でしょう。

しかし、今大企業も企業体はともかく、人は崩壊というか、今までのような人数がいらなくなります。

非正規でなんとかしようと勉強してきた人はチャンスです。
逆転してやりましょう。
日本はそれができる良い国です。

Follow me!