人間が管理しないAI

今のAIは誰かの意思で動いている

AI (人工知能) はコンピューターが自分で考えて、判断して、実行する。
自立した存在だというイメージがありますが、果たしてそうでしょうか。
確かに個々の端末上に限っていえば、自立しているでしょう。
スマホでお勧めスイーツを教えてくれるのもAIです。

でも、今中国の通信会社ファーウェイがアメリカに攻撃されているのは、通信網の覇権争いであり、それはそこに組込まれるAIもしかりです。

5Gで通信料が大幅に増え、Iot(身の回りの家電などが全てネットでつながる)やMaas(移動手段のおまとめサービス)、自動車の自動運転などが普及していく中でAIは欠かせないものとなります。

そのAIの大元は人です。
まあ、人と言っても国家や組織です。
そこには様々な思惑と野望があります。
どんな性格のAIにするかは少数の国家や組織の幹部が決めるということです。
だからAIはスパイ工作や軍事転用、ビジネスなどがメインになります。
それらのおこぼれが他の分野で活用できるといったところで、ほとんどのAIが少数の人間にコントロールされているのです。

AIの進化

今のAIは発展途上です。
今は「特化型AI」と言われています。
要は専門化したAIです。
自動運転用のAI、スマホ用のAIといった形で専門分野が決まっています。
スペシャリストAIですね。
スペシャリストはその分野は強いけれど、他の分野では使えないという弱点があります。

そこで今後登場するのが AGI(汎用人工知能)です。
与えられた分野はなく、自分で考えて創造していきます。
応用できるし、提案なども出来ます。
まあ、今の我々と同じです。
専門家になろうと思えばなれるし、色々学ぼうと思えば学べます。
何が今自分にとって最適なのかを考えて行動していく。

本当かよ!と思ってしまいます。
けど、そうなるのは遅くても100年はかからないと言われています。

さらにその先の ASI(人工超知能) になると、自分でシステムを作って、新しいAIを生み出していくので、ある意味、繁殖していくということ。
もはや、人間の出番なし?ちょと怖くなってきますね。

AI&ブロックチェーンで 人間が管理しなくなる

進化していくAIを一部の人間が牛耳っていくことは健全な未来ではないと考える人たちがいます。
そうですね。AIの管理が中国なら、中華思想のAIになりそうで危ない。

だから、AIの管理を人間の手から切り離そうというわけです。
そこで使われるのがブロックチェーンの技術。
暗号通貨ビットコインに使われているブロックチェーンの管理者はシステムです。
システムとは「ルール」と考えるといいです。
よく言われるのが自動販売機。
<お金入れて、商品ボタンが押されたら、その押された商品を出して、入金から価格を引いてお釣りを出す>
これ全部自動です。決められたルールに沿って動いているわけです。
その自動販売機の購入データを多くの人が見ることが出来きます。
なので、誰かが勝手にジュースを抜き出したら、数が合わないと他の人が気づくことによって不正が出来なくなる。
(ざっくりブロックチェーンの説明)

要は人間の意思を介さないで黙々と動いてくれる仕組みです。
ビットコインって人間が動かしていないんです。
なんだかすごいですね。まあ、色々改修するすごい技術者とかもいますが、個人でどうこうできない仕組みがあります。

そのブロックチェーンでAIを人間の手から離せば、特定の人間の思惑に乗らない、みんなのためのAIになる。
本当に自立したAIで、汎用的なAIはもはや人間になりうるのかもしれません。
(まあ、最初のルール作りがめちゃ大事ですがね)

人間のように汎用性があるAIはその職場ごとに能力を変えていけます。
就職、派遣・・するようなもの。
研修はマニュアルデータのインストール。それで瞬間にベテランになる。

ネットで仕事をしていた相手が実はAIだったなんてことは、遠い未来の話じゃありません。
企業へのお問い合わせの電話。これからはいきなり担当者がでてくることになるでしょう。世間話にもちゃんと対応してくれる良い人は、実はAIかもしれませんね。