長時間労働から超時間労働へ

長時間労働の良し悪しは

「正社員」については「長時間労働」が常態化することが
問題となっています。

日本では週49時間以上働く労働者の割合が21.3%。

私はシステムエンジニアをやっていて、毎日終電
土日出勤の連続だったこともあります。

長時間労働が嫌でワークライフバランスを学びました。

「長時間労働」しましょう。

そして、自分で個人ビジネスをするようになりました。

そうなると、これ結構「長時間労働」になります。

けれど、会社での「長時間労働」とは違います。

その違いはなんだろう?と思いました。

思ったのは、会社の残業って自分の意志だけで
やっていないからだと思います。

まず、その仕事が本当に自分のやりたいことであるのか?

いつやるかは決められています。気分が乗らないから
明日に。というわけにはいかない。

嫌な相手でも対応しなくてはいけません。

要は自分で決められないところがしんどいわけです。
やることも時間も給料も決められている。

これって、遊びに行った時、何時にここで食事、
次に見学とか人に決められているのと同じ。
しかも興味ないことだったりすると、長時間はつらい。

自分の仕事は楽しいのでストレスにならない。
(まあ、プレッシャーはありますけどね)
休みたければ休めるので調整できる。
やる時はとことんやることも出来るわけです。

しかも学びも多い。

個人ビジネスでの時間は「超時間」といっても
いかもしれませんね。

会社での時間はある意味「奴隷時間」。
ゆえに過労死してしまうわけです。

体壊しても誰も責人取ってくれません。

特に「非正規」の人はそうでしょう。

そんな会社で命削るくらいなら、
自分のビジネスで汗かいた方が
将来の希望が違ってくると思います。

自分を知ってビジネスを作る

自分が出来るビジネスって何か?

それを知るためには「自分」を知る必要があります。

自分を知りたい、そして理想に自分に生まれ変わりたい人は
よければ、購読ください。

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン

Follow me!