発信は無駄にはならない

言ったことを聞いている人、覚えていてくれる人はいる

個人ビジネスでは如何に自分を知ってもらうか。常に情報発信していかねばなりません。
しかし、ブログやフェイスブックなど色んなところで話をしても「反応がない」ことが多い。
そうなるとやる気がなくなってきます。

けれど、意外と見ている人、聞いている人はいます。
直接会った時に「見てますよ」とか「XXの話はよかった」など言ってもらえることがあります。

もちろん、それは大反響とか話題になるとかいったものではなく、ごく少人数の方の話です。
見ている、読んでいることは言ってはくれません。
ただ、発信したことは誰かに届いています。

見てくれている人はいる

それは小さなことですが、無駄ではないわけです。
私のブログも偶然見つけて読んで、少し心に留めてくれれば、大きな意味があります。

読んでくれる人がひとりでもいてくれるだけで、書く意味はあります。
だから、あきらめず発信していきましょう。

【個人ビジネスを始めるなら】
初めて個人ビジネスでデビューする場所
デビューカフェ

Follow me!