有料SSLのせいでサイトが無効になった

先日、突然自分のサイトが見られなくなりました。
SSL化しているサイトが危険サイトだと出てきます。
えーちゃんとSSL処理しているのに・・なんで
調べてみるとSSLの証明書が期限切れでした。
しかし、先月は自動更新していたのに・・

そういえば、SSLで有料オプションを利用していたのをやめたのが原因なのか?
けれど、表示は有効中でした。
無料SSLにも出来ない。
どうしたらいいの?と翌日サーバー会社ロリポップへ聞いてみたら、
再度、有料か無料のSSL処理をしてくださいとのこと。
サイトを見てみると処理できるようになっていて無料SSLで処理。
やっとブログを書けるようになりました。

有効期限の狭間

今回のSSLの無効事件は
有料SSLをやめたことに端を発しています。
最初SSL設定した時、中々サイトがSSL化しなくて四苦八苦していました。
そこであれこれやっているなかで、この有料のサービスがいるのかもと思い申し込みました。
SSLには2つの機能があって、
1、暗号化:色々なデータのやり取りを全て暗号化してくれます。
ここは無料なんですね。
2、サイトの存在確認:そのサイトが本当に存在し信頼に値するものかを証明してくれるものです。ここが有料だったのです。
で、この2は今のところ必要ないだろうし、これがなくてもSSL化は保たれるのか試したいというのもあって解約しました。
しばらく何もなかったので問題なかったのかと思っていたら、突然です。

サイトが見れない。
これSSL化していない世の中のページは見れるのに、より強固なSSL化をしていることでそれが外れるとサイトを表示すらしてもらえず、危険なサイトと表示されるんです。
これひどくないですか。単に非SSLに戻るならまだしも、危険なサイトにされるなんて。

で、ロリポップのサービスの有効期限と、SSLの証明書の有効期限に数時間のズレがあって、その間は何もできなかったんです。
SSLの証明書は切れているけど、サーバーのSSLオプション契約はまだ残っていたので、新たに設定することが出来なかったわけです。

しかし、まあそこはなんとかスムーズに出来んもんかなとサーバー会社には言いたい。だって、1日、2日の間はブログも書けず、危険サイトと喧伝されていたわけで、損害賠償もんです。
そのタイムラグをうまくコントロールして欲しいものです。
けど、ロリポップさん、丁寧に教えてくれました。
お勧めです。