消費税減税より10万円給付がいいと思う。

消費税減税より10万円給付がいいと思う

中国コロナ騒動で仕事が出来ず、経済は最悪な状態になっています。
収入が途絶えて死ぬしかない人も多い中、政府は生活支援、景気対策として減税や給付を考えています。
それについて思ったことを述べてみます。

消費税減税はそんなにうれしくない

景気が悪いから消費税減税!という話があります。
もちろん減税は庶民にとってはうれしいですよ。
しかし、肝心なところを忘れています。
いくら割引されても一銭も持っていなければ(まあ、銭はもってないですけど)買うことはできません。
買うことができなければ、消費税分割り引かれても意味がないということです。
困っている人はそういう状態です。
仕事があっても安い賃金で大して買い物もできません。

仕事が出来ない中消費税減税はあんまりうれしくない。

給付金10万円は命をつなぐ

とにかく最も困窮して窮地に陥っている人に視点を当てて考えてみると、財源とかの問題は置いておいてとにかく10万円配る。
それによって一息付けます。
そこが大事。

まあ、一息だけなのでその後は仕事が出来るようにしていくことが大事です。
給付と雇用をうまくやって欲しい。
こういう困難な時に素晴らしいアイデアを実行できてこそ政治家・官僚などのエリートだと思う。

給付は全国民でいいと思います。
貧乏な人はあまり消費は出来ないでしょう。生活の足しにする。それでいいと思います。
それでも牛丼を並みから大にすることもあるでしょう。
お金持ちや収入がある人には余裕資金です。
なので、そういう人にお金を使ってもれえばいい。
10万円ぴったりとはいかないでしょう。
呼び水になってより多く使ってくれると思います。

とにかく、このままでは死ぬしかない人でも、とりあえず10万円もらってから・・と思い踏みとどまってもらうことが肝要です。

気持ちいい

10万円給付なら気持ちが違う

国民ひとり10万円、四人家族なら40万円
これはワクワクしませんか。
このイベント自粛状態でストレスが溜まっています。
これ収まった時、多くの人は遊びに行こうと思います。
そうなると今苦境の旅行、イベント業界が一気に活気付く。

とにかく何か心が楽しくなります。
気持ちが良い方向に向かう人が多くなれば人間社会全体が良い方向に向かいます。
なんていうか希望ですかねえ。

今は非常事態で景気や気持ちの落ち込みが激しい。
これを浮上させるにはある程度大きなインパクトが必要です。

もうねえ、気持ちが変わってくると思うんですよ。
政治家的にも受けがいいのでやれるでしょう。
だめ?

今までの給付策がだめだったのは

今までも様々な給付金がありました。
給付金を配ったけれど消費を喚起できなかったと政治家は言います。

なぜ消費に回らないかというのは色々理由がありますが、凡人庶民から言わせてもらうと「金額がしょぼい」からです。
過去にあった給付金って1万円か2万円。
それ我々貧乏人に渡したらどうなるか政治家の先生には想像できないでしょう。
それはねえ借金返済に一瞬で消えます。
常にギリギリ・・支払い先延ばしの中、1万、2万でも返そうということになります。
けど、10万あれば1万円ぐらい自分のために使ってみようとなります。
レッドライン(生活に占める借金)を下げないと消費には向かいません。



後は平時での給付は「ばらまき」と見えます。
地域振興券とか・・そこはもっと長期視点で考えろと思うし、なんていうか将来不安もあったと思います。

とにかく「大丈夫か?」と思えるぐらいの金額じゃないと効果は薄い。
逐次投入こそ愚策・・あとスピードね。
こうしている間に希望を失っている人は増えている。
人命尊重なら決断すべき。

財源を考える

給付金を配るのはいいが財源が問題だ!という話があります。
もう、これは働いて返してもらう。でいいと思います。
給付金10万円は足がかりです。
その後にちゃんと皆が仕事を出来るように持っていく。
賃金も何倍も増える仕組みを作っていく。
真っ当に働いて収入が増えれば自然に「給付金で使ったお金」は戻ってくるでしょう。

このコロナ危機での「給付金」はそこまで考えてやっていけば意味のあるものになるでしょう。
その上でベーシックインカムなども検討していくべきだと思います。

財源は「仕事」「収入増」であり、仕事がちゃんとあって収入が増えれば「少子化」の問題も改善するでしょう。

仕事70年時代に向けたキャリアチェンジを良い流れでできる仕組みもセットに考えたいところです。

既得権益を打破し、日本の海の資源をちゃんと活用すれば全部一気に解決できるんですけどねえ。

まあ、凡人が思ったことを綴りました。
やる方はそんなに簡単じゃないと思っているでしょう。
そしてそう思います。「俺だってそんな風にやりたいよ」
でも、出来ないじゃなく出来るように考えて欲しい。
高橋洋一先生とかすごい施策案を持っておられます。
そういう人の知恵を借りれば出来るんじゃないでしょうか。

政治家の先生・・大丈夫です。
「10万円」くれたらほとんどの人は好印象であなたを見てくれますよ。
平時でやると人気取りと思われますが、今は本当に苦しい時なので筋が通っています。
ここ大事。

で、言いたいのは
10万円欲しい~

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です