非正規社員を下だとみる正社員は

「正社員は高望みなのか?」

そんな見出しの記事。

正社員は高望みなのか?

全然高望みではないと思います。
ただ、全員が全員「正社員」には
なれないということです。

全員「正社員」と言っている
共産党はどういう方法で実現するのか聞いてみたい。

そもそもなぜ「非正規」が増えているかということです。

それは必要だから、低賃金でいつでも
クビに出来る労働者がいないと成り立たないからです。

正社員はその恩恵で正社員なのです。
その構図が成り立つ範囲の人数しか
正社員にはなれません。

ある意味特権みたいに感じているのか?

非正規に多いマタハラ
マタハラは非正規社員に対して多く
行われています。非正規に女性が
多いというのありますが、根底に、
正社員が上というのがあると思います。

まあ、経営者からみれば、どっちも
雇われ人であり、大差はないわけです。

けどね「個人起業家」には全員なれます。

「なる」と決めればいいだけです。
個人起業家は上下はありません。
成果の差だけです。

ですから「正社員になる」という発想を
棄てて「個人起業家になる」と思えば
楽しくなりますよ。

さあ、起業の第一歩を踏み出しませんか?

—————————————–
教えることを仕事にする!
初めての起業・副業のスタートから
ビジネス運営習得までを伝授!

個人ビジネス(デビュー)情報を発信しています!

個人ビジネスデビューマガジン

Follow me!